stabucky blog

泰山

平成9年11月にオープンしたばかりの山東家庭料理店。「たいざん」と読む。
チラシによれば、

初次見面

あなたの近所で本物の中国料理
山東家庭料理「泰山」は、山東省の青島市から厨師(コック)宋杰さんを招聘し、彼の生まれ育った青島で食べてきた家庭料理を、多くの皆さんに食べていただきたく、開店いたしました。「山東料理」は、北京料理の一つですが海産物を使う点で異なります。
「おいしく・やすく」そして「ヘルシー」な当店の料理を、ご賞味ください。
※中語の「初次見面」は、日語で「はじめまして」の意味です。


このチラシ、裏面には店のメニューがすべて載せられている。
店のテーブルにおいてあるメニューがさらに詳しい。中華料理店では、フランス料理同様、メニューの読み方が分からないことが多いが、ここでは中国語の料理名の付け方の解説もされている。それでもよく分からないが。メニューにはすべて番号が振られていて、注文するときは料理名を言う代わりに番号を言えばいい。
店主が髭面の猫背の男。店内には店主が中国旅行したときの写真が飾られている。いちいち、キャプションがつけられていて、かなりまめな性格と見た。おそらく、メニューもこの店主が作ったのだろう。
この店主、話好きで、中国に旅行したときのエピソードを、こちらから訊いたわけでもないのに話し始めた。中国では「手紙」は「トイレットペーパー」のこと。筆談で「去」と書かれたので、あきらめて帰ろうとすると呼び止められて「去は尾いてこいという意味だ」と言われたこと。
ただ者ではないと思ったら、案の定、文筆業を本業としているようで、読売新聞の京葉版に5週間に1度、コラムを書いているとのこと。(実際にこのコラムを読んで肩書きを見たところ、この人は戸田さんという人で船橋市のレクリエーション協会の事務局長をしているらしい。)
また店主が薦める千葉県内の中華料理店というのも教えてもらった。船橋駅近くの「シェイシェイ」という店は本物の上海料理を食わせる。千葉市さつきヶ丘の店は旨い飲茶を食わせる。
料理人にも挨拶をしたが、若い中国人。なかなか男前。

総評

ラーメン屋ではなく中華料理屋。ラーメンも、ラーメンと言うよりは中華麺。細麺でなかなか美味い。
五目焼きそばがメニューにあったので「これはどんな料理か」と訊くと「普通の焼きそばにアンがかかっている」とのこと。「じゃあ、その五目焼きそばをください」というと五目ラーメンが出てきた。間違えたらしい。

初めての店ではラーメンを食べることにしているので、取り替えてもらうことはせず、それを食べた。番号でメニューを決めているのだが、おそらく麺類の頭に冷やし中華を挿入したために番号がずれてしまったのが原因だろう。
店主が趣味でやっている店のようだが、味はなかなか良いし、何より楽しい店。今度、「火鍋」というのを始めるとのこと。これは辛いものらしい。

場所

京成実籾駅から市立習志野高校に向かう道(これを実籾街道というらしい)とマラソン道路が交差するところにある。ブックセンターあずま三山店の向かい。

データ

住所

船橋市習志野5-6-50

電話番号

/FAX

0474-74-8252

営業時間

11:00-14:00
17:30-23:30

定休日

火曜日

取材 1998年6月7日

関連記事

[1998-06-07]

グルメ,千葉県