stabucky blog

2005年日本シリーズ、初戦はマリーンズが勝つ

日本シリーズの初戦は千葉ロッテマリーンズがホームラン4本が飛び出し、10対1で圧勝。
特にプレーオフで不振だったイ・スンヨプが打ったというのが大きいです。
またプレーオフで不振だったサブローもタイムリーを打ちました。
堀、小坂の故障で出場した渡辺もファインプレーが出て問題なし。
西岡は盗塁失敗がありましたが(あれはセーフだと思います)、プッシュバントが成功しタイガースを混乱させ、今江は最初の打席でホームラン、次の打席でセーフティバントと活躍。

7回にベニーのホームランで10点目をとった辺りから霧が濃くなり30分間様子を見た後、濃霧コールド。日本シリーズ初のことらしいです。
でもこれってタイガースはラッキーだったのでは。完全な負け試合でムダな投手を使わずに済んだので。

過去10年間で日本シリーズは第1戦の勝利チームのうち9チームが優勝しています。
例外はジャイアンツが2連敗の後4連勝したときだけ。
マリーンズ日本一かも。

関連記事

[2005-10-22]

スポーツ,野球(マリーンズ)