stabucky blog

ラーメン専科

駐車場が広い。ドライブインのようなラーメン屋は期待していない。
店の中は、右側に座敷席、正面にカウンター席、その中が厨房、左側にテーブル席。
メニューをみると、札幌、東京、九州、とジャンル分けされていて、それぞれ数種類のラーメンがある。どれが売りなのか分からない。3人でいったので、それぞれ、札幌(味噌)、東京(醤油)、九州(白湯)を頼んだ。
ラーメン専科といいながら、ソーセージがメニューにあるのはどういうことだ?

総評

私は、東京ラーメンを食べたが、ごく普通の醤油ラーメン。特筆すべきところはない。
味噌ラーメンはひどかった。ニンニクなのか、ネギなのか、臭くて食べられない。
九州ラーメンは、確かに白湯スープだが、変わった味。ハムか?
これでも、客は次から次へと入ってくる。不思議だ。
醤油ラーメンは500円であったが、消費税を別に取られた。消費税を導入したからといって、600円に値上げするよりは良心的か。

場所

津田沼の西、中野木の交差点を北に行ったところ。

データ

営業時間

(不明。2時まではやっているはず)

住所

(不明)

電話番号

(不明)

取材 2000年10月28日

関連記事

[2000-10-28]

グルメ,千葉県