stabucky blog

2005年のベストナインとゴールデングラブ

今年のベストナインとゴールデングラブ賞が決まりました。
新聞記者の投票で決まるそうです。
ベストナインは活躍した選手を9人選びます。
ゴールデングラブ賞は守備で活躍した選手を9人選びます。
その結果は次の通り。パシフィックしか見ません。

ベストナイン

投手杉内 俊哉ホークス初受賞
捕手城島 健司ホークス3年連続6度目
一塁手J・ズレータホークス初受賞
二塁手堀 幸一マリーンズ初受賞
三塁手今江 敏晃マリーンズ初受賞
遊撃手西岡 剛マリーンズ初受賞
外野手和田 一浩ライオンズ3年連続3度目(DHで1度)
外野手宮地 克彦ホークス初受賞
外野手M・フランコマリーンズ初受賞

マリーンズからは堀、今江、西岡、フランコが選ばれました。日本一のチームから4人ですので人数としては妥当かと思います。
でも活躍度合で言うとフランコの代わりにサブローでもよかったかもしれません。実際、記者の投票では4位でした。

ゴールデングラブ賞

投手松坂 大輔ライオンズ3年連続6度目
捕手城島 健司ホークス7年連続7度目
一塁手福浦 和也マリーンズ2年ぶり2度目
二塁手西岡 剛マリーンズ初受賞
三塁手今江 敏晃マリーンズ初受賞
遊撃手小坂 誠マリーンズ4年ぶり4度目
外野手SHINJOファイターズ2年連続2度目(セで7度)
外野手サブローマリーンズ初受賞
外野手大村 直之ホークス2年ぶり3度目

ゴールデングラブ賞とベストナインは重なることが多い、つまり守備が悪くても打撃が良ければ選ばれる傾向があるのですが、今年は守備がきちんと反映されたように思います。
重なったのは城島、今江、西岡の3人。

マリーンズからは5人。特に内野はすべてマリーンズで占められました。
確かに日本シリーズでの守備の良さは際立っていました。
ファーストの福浦は他のチームがひどすぎるというのもあるでしょう。
面白いのはベストナインではショートで選ばれた西岡がゴールデングラブではセカンド、そのショートには小坂が選ばれています。確かに守備固めのときは小坂がショート、西岡がセカンドに入ります。
サブローは確かに守備は良いですが、マリーンズの4番打者としての活躍が評価に含まれていると思われます。

関連記事

[2005-11-08]

スポーツ,野球