stabucky blog

タージ・マハル

間口の狭い入り口であるが、中に入るとインド人らしき人が微笑んでいて、奥は、結構、広い。その一番、奥の部屋の席に通された。ビートのある変なインド風の音楽が流れている。何を持ってインド風というかというと、疑問だが。レッド・ツェッペリンのインド風とも違う。
トイレが、とても清潔で、ウォシュレット。トイレの汚いカレー屋は、やだね。ここは良い。
ウェイトレスは、額に変なビーズらしきものを付けている。インド人もこんな感じだろう。奇異な感じがするが、日本人だって耳に穴をあけて変な金具をぶら下げているではないか。
さてメニューを見る。ビーフ・カレーは、ない。鶏と野菜と羊しかないようだ。どのカレーも800円から1000円ほどするが、ご飯は別だ。これが300円位する。ちょっと高い。ご飯が付いている品が二つあり、おまかせカレーとカレー・ライスである。おまかせカレーは、サラダとチャイが付いて900円くらいなので、お得な感じ。これを頼んだ。
辛さは7段階で標準は3。もっとも辛いのは100円増し。私は辛いのがあまり得意ではないので、3にした。

総評

美味い。美味いが、しゃびしゃびの家庭のカレーといった感じ。スパイシーではない。やはり、ご飯とは別になっているカレーを頼まねばだめらしい。
3だと辛くないが、連れが食べた4は辛かった。
チャイは、細く小さなコップに入っていた。冷たいミルクティーだ。飲めば、ヤクルト同様、3秒もかからないで飲み干せるだろうが、実際はちびちび飲んだ。

場所

JR新検見川駅周辺でもっとも栄えていた通り。今は寂れている。この店は、この通りにある。説明しづらいので簡単にいうと、スーパー飴安からJR新検見川駅に行く通りの右側。
JR新検見川駅からだと、西口から出て北側の坂を下り、右に曲がってまっすぐ北に向かった左側。

データ

営業時間

(不明)

住所

(不明)

電話番号

(不明)

取材 2000年11月5日

関連記事

[2000-11-05]

グルメ,千葉県