stabucky blog

マリーンズ、交流戦首位決戦、初戦を制す

千葉ロッテマリーンズはスワローズを8対1で破りました。
交流戦首位決戦はマリーンズの勝利。これで交流戦、単独首位です。

マリーンズは小野が完投勝利。
9回2死からホームランを打たれ完封を逃しました。
しかし、これ以外は好調スワローズ打線を抑えました。

一方、マリーンズ打線はここ4試合の得点が7点、6点、7点、8点と平均7点。
これで、18試合で123点のスワローズ並(6.8点)になりました。

小野は4勝目。
今、マリーンズの投手陣は4勝で6人が並んでいます。

名前成績
小林雅4勝0敗18セーブ
小林宏4勝0敗
清水4勝3敗
久保4勝3敗
渡辺4勝3敗
小野4勝2敗

これを見ると小林雅が成績の上では圧倒的。
もっともリードで登板し同点にされ裏に逆転というケースもありますから。

関連記事

[2006-05-30]

スポーツ,野球(マリーンズ)