stabucky blog

大嶺、マリーンズ入団を拒否か

八重山商工の大嶺投手については、ドラフト1位でマリーンズが入団交渉権を獲得しましたが、本人はホークスに入りたいらしく、拒否する模様。
ロッテへの入団拒否というと1990年の小池を思い出します。
小池はその後、社会人を経て、近鉄に入り、1997年には最多勝を得たものの、通算成績は51勝47敗2セーブとたいしたことはなく、大嶺に対しては「同じように拒否するならば同じ道を辿るぞ」と脅してでも、入団してもらいたいものです。

関連記事

[2006-09-28]

スポーツ,野球(マリーンズ)