stabucky blog

大嶺、マリーンズ入り?

ホークスに行きたかった大嶺ですが、マリーンズが交渉権を獲得してしまい、ドラフト直後は「ロッテには会いたくない」という態度でした。しかし実際に会ってみると態度が軟化しているようです。

大嶺「ロッテに悪いイメージない」=初交渉で態度保留、軟化の姿勢も
プロ野球ロッテの瀬戸山隆三球団代表、松本尚樹編成部スーパーバイザーらは6日、沖縄県石垣市の八重山商工高を訪れ、高校生ドラフトで1巡目指名した同校の大嶺祐太投手(18)と指名後初めて入団交渉した。約30分間の顔合わせの後、大嶺は「まだ迷っているので、時間をくださいと伝えた」と結論を持ち越したが、「ロッテに悪いイメージはない」と語るなど、当初より態度を軟化させる姿勢ものぞかせた。ロッテ側から具体的な条件提示はなかった。(時事通信)

これが昨年だったら間違いなく入団していたでしょうねえ。「悪いイメージはない」どころか「良いイメージ」だったでしょうから。
でも考えようによっては、今のマリーンズならば、入団してすぐ、先発ローテーション入りも可能?

関連記事

[2006-10-07]

スポーツ,野球(マリーンズ)