stabucky blog

サザエさんは愉快だな

1月13日と14日の読売新聞にこんな、広告が掲載された。この広告の目的からいって、他の日本の主要な新聞にも掲載されたはずである。
まず1月13日。

お客様各位

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび弊社商品「焼さざえ」(缶詰・プラスチック容器)に対して公正取引委員会より不当表示の警告を受けました。(略)


これは、ホテイフーズコーポレーションのお詫び広告である。この商品を持っている人は、あとで代金を送るので回収させてくれ、ということらしい。趣旨をはっきり書かないのがこの種の文章だが、どうやら、この商品、「つぼ焼風味・トップシェル(ペルー・チリさざえ)」に表示変更しなければならないのを、ほったらかしにしていて怒られたということのようだ。
続いて1月14日。

お客様各位

平素は弊社製品のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度弊社ギフトセットRK・YMシリーズおよびオリジナルセットに使用した「サザエ時雨煮」(瓶詰)の商品名及び原材料表示に誤認を与えるものがありました。当該原料は、トルコ産のサザエ代用巻き貝「アカニシ」を使用したものです。(略)


これは、酒悦のお詫び広告である。趣旨は同じようだ。うーん、サザエが狙い撃ちされたぞ。
つまり、サザエでないものをサザエといってはいけません、ということらしい。「ペルー・チリさざえ」だと政情不安っぽい感じがするし、「アカニシ」だとタニシみたいな感じがする、だけどちゃんと書きましょう。「トルコ産のサザエ代用巻き貝」なんてあえて書いているけど「アカニシ」なのだ。「食ったことないぞ、そんな貝」という人がいたら、警告しよう。もう、何度も食べているんだぞ、きっと。「ニシ(螺)」ってのは巻き貝の総称。
しかし、こんなことを書いたが、私は「最近は安心して食品を買うことができない」などといっているわけではない。ポテトチップにヤモリが入っていようと、トマトジュースにハエが入っていようと、運が悪かったとあきらめる。仕方がないでしょう、そんなことは。点滴に筋弛緩剤が入っているのに比べれば。「朝づみ」っていうトマトジュースを飲むときはちょっと覚悟したけどね。
ちょっと脱線するけど、おじさんがファミリーレストランで「おい、肉に爪楊枝が入っていたぞ」と怒っていたことがある。肉にベーコンを巻いて爪楊枝で留めてあっただけなんだけどね。ホテルのレストランじゃないんだぞ、ファミリーレストランだぞ。人によって感じ方に差があるということですね。そのラインを一番、感じやすい人に合わせるのじゃあ、食品メーカーは大変ですね。

関連記事

[2001-01-16]

ニュース