stabucky blog

トヨタのCM中止

トヨタの「WiLL」という自動車のコマーシャルは、線路を走る車を後ろから電車が追いかけるというシーンを正面から撮影したものである。何か、すごいことが起こるのでは、と思わせるが、何も起きない。非常につまらないCMである。
このCM、中止だそうである。なんでも、山形新幹線に追突された軽ワゴン車があって、運転手が亡くなった事件(1月14日)の遺族の感情に配慮してのことだという。運転手が亡くなったっていっても、軽ワゴンの方の運転手だぞ。ついでにいうと、新幹線に追突した軽ワゴン車じゃないぞ。
まず、すごいことは新幹線に追突された点。つまり、この軽ワゴン車、新幹線の線路を走っていたということ。逃げようとしてたんじゃないか。さらには、山形新幹線には、軽ワゴン車が進入できるような箇所、おそらく踏切があるのだ。で、とどめは、この亡くなった運転手、年齢が80歳。んがっ。いい加減、運転免許剥奪の法律、作ろうよ。ついでに医師免許もな。軽ワゴンも怪しいけどね。
新幹線も迷惑だっただろうけど、トヨタも迷惑だよなあ。別にトヨタに乗ってたおじいさんじゃないんだよ。過剰反応のような気もするけどね。天皇陛下崩御の時の、日産のコマーシャルで、井上陽水の「お元気ですか」の声を消したCM、あれも考え過ぎだったよなあ。
あのときの本当のコピーは「くうねるあそぶ」だったってこと、覚えてますか。糸井重里が一生懸命考えたんだけど、井上陽水がちらっと思いついていった言葉の方が有名になっちゃった。

関連記事

[2001-01-19]

ニュース