stabucky blog

toto

サッカーくじが発売された。totoというらしい。トトカルチョとロトから名付けたと思われるが、ひねりがなさすぎる。ウォシュレットのTOTOからは文句は出なかったのだろうか。
ロックファンにとってTOTOといえば、TOTOである。「ロザーナ」や「アフリカ」などを収録したアルバム「TOTO IV」でグラミー賞を受賞したTOTOである。ABBAはアバと表記されることもあるが、TOTOをトトと表記するのをあまり見たことがない。
あまりに変わったバンド名なのでその由来について噂がある。「ある歌手のバック・バンドとして来日したときに、いくところ、いくところのトイレの便器に皆、TOTOと書いてあるのを見て、バンド名にした」これが噂の基本形である。よく目にしたからバンド名にした、という部分の因果関係が怪しいが、ま、バンド名なんてそんなものだろう。
しかし、これは嘘らしい。私が聞いた話では「オズの魔法使い」から取っているらしい。これに出てくる犬の名前がトトというのだ。ま、これにしても因果関係が怪しいが、それっぽいではないか。
ついでにいうとエルトン・ジョンの「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」もこの「オズの魔法使い」にちなんでいる。どこだかに続く道が黄色い煉瓦道になっているのだ。明治乳業のブリックパックの意味が分かったのもこの曲のおかげ。
話を元に戻して、サッカーくじ。面倒である。全く、興味のないチームの勝敗も当てなくてはならない。だったら、興味あるチームの勝敗だけに注目するくじもあっていいのではないだろうか。こっちの方が見る側は興奮するだろう。倍率は低くなるから、1万円当てるために5千円くらい、つぎ込んだりして。すでに闇では、やっているはずだけど。

関連記事

[2001-03-06]

スポーツ,サッカー