stabucky blog

ロケット・ボーイ

私は連続ドラマを滅多に見ないが、今、フジテレビの水曜日9時からやっている「ロケット・ボーイ」というドラマは見ている。最初の2回だか3回だかを放映したところで、主演の織田裕二がぎっくり腰になって、中断していたやつだ。最近、復活してから、見るようになった。今日も見た。アオヒゲこと市川染五郎が意外に面白い。父親が松本で、妹だか姉だかが松。で、本人は市川と、家族みんな違う苗字。数奇な運命をたどっている。
でも、このドラマ、織田裕二の腰の調子がまだよくないからといって、劇中でケガをしたことにして、車椅子で出演というのはいただけない。以前、ドラマの放映中に出演者が病死してしまったので、劇中でも病死したことにしたケースもあった。つまり、役者の都合でストーリーを変えてしまっているのだ。いいのか。「太陽にほえろ」の石原裕次郎も同じだ。
これとは逆のケースで、劇中で死んだから本当に死んだと思いこんでいるのもある。岩崎良美がドラマ「スクールウォーズ」の中で死んだから、本当に死んでいると思っている人は多い。主人公の山下真司も若い頃、ラグビーをやっていたと勘違いされている。
あ、伴淳三郎はまだ生きています。

関連記事

[2001-03-07]

テレビ