stabucky blog

事故その後

まったくいい加減である。おととい、生活協同組合のトラックにぶつけられて、3日目。自宅に電話したら、まだ自動車を取りにきていないという。夕方まで待っても来ない。どういうことだ、と生活協同組合の事故処理担当に電話すると、まだきてませんか、と驚いたふり。もうちゃんと手配したのですが、と言い訳するので「故障した車を丸3日、置きっぱなし。当て逃げと一緒だ。警察をもう一度呼ぶ。もう代車の手配はいいから、これからすべて移動手段はタクシーを使う」といった。
そのあと、トヨタカローラに電話したらしく、また電話がかかってきて「担当者が今日、休んじゃったらしいんです。私はちゃんと手配してましたから。今からその証拠をファックスします」などという。そんな責任逃れしても無駄です。
その直後、トヨタカローラから電話があり、担当者が休んでしまい、連絡が徹底されていなかった、云々。あまりすまなそうな感じはしない。
はたして、代車を持ってくる代わりに、私の車は持っていかれた。代車は予想通り、オートマチックだった。

関連記事

[2001-03-14]

生活,