stabucky blog

ウォシュレット

「ウォシュレット」というのはTOTOの商品名である。ノズルが便座の下に仕掛けられていて、事の済んだ所を洗い清める物である。TOTOが最初に開発して普及させたので、このタイプの商品はみなウォシュレットと呼ばれることが多いようだ。ウォークマンや宅急便と同じである。
今は、TOTOの他、INAXなど他の会社も同様の商品を売り出している。面白いのはナショナルである。売場で見てみると、ナショナルは2種類のカタログを用意している。扱っている商品はまったく違う。よく見ると「ビューティ・トワレ」という商品を扱っているのは松下電器産業、「クリーンシャワレ」という商品を扱っているのは松下電工。同じナショナルでも違う会社なのだ。
昨夜、ビールをかなり飲んだので、夜中におなかを壊してしまい、トイレでエラい目にあった。これはウォシュレットを買わねばなるまい、と思った。
ということで、今日、ヨドバシカメラに買いにいった。売れ筋は、安い商品らしく、売り上げ1位がビューティ・トワレの最安値ヴァージョン、2位がクリーンシャワレの最安値ヴァージョン。両方とも、安くても温水は出るし、便座は暖まるので、問題はなさそうだ。温風は使わないので要らない。違いはクリーンシャワレは水の出るスイッチがダイヤル式であるところ。ということで、ビューティ・トワレを買った。三万五千円也。
買うときに店員が「ウチネジですか」といきなり訊くのでカチンときた。こんな事をいきなり訊かれて意味が分かるわけはないし、もし分かるような人が買うのならば訊く必要はない。つまり、家庭のトイレの水道栓のことを訊いていたのだ。ならば「水道栓の形状によっては取り付けできないことがあります」と前置きをするのが普通であると思う。私は事前に調べて知っていたので、わざとしらばっくれてやった。
取り付けは結構、簡単。もちろん、水道栓をいじるのなんか初めてだったが、説明書が丁寧なので、すぐできた。水道の元栓を締めなくても工事ができるところは意外。
さて、取り付けが終わったが、こんなときに限っておなかの調子がよい。それでもシャワーを試してみたが、少し水の勢いが弱い。しかし、こんなに簡単に取り付けられるのならもっと早くに買っておくんだったと思った。

関連記事

[2001-04-28]

買い物