stabucky blog

房州一番麺屋太郎

かつて「ラーメンタロー」と名乗っていた。いつの間にか「ラーメンとん太」になっていた。
そのラーメン屋が、気が付くと「房州一番麺屋太郎」になっていた。
私の父が「試しにいってみたら、結構、美味かった」というので、いってみた。なんでも、灰皿やれんげは前の店のときのものをそのまま使っているらしい。
店に入る。相変わらず汚い店内だ。窓際の席に着く。テーブルはきれいに拭かれているが、窓とその周りが汚い。
メニューを見ると、豚骨スープの醤油と味噌と塩のシンプルな構成。醤油と塩を頼んだ。580円ずつ也。

総評

意外に美味い。豚骨のこってりしたスープに背脂をさっとかけている。少なくとも主張の感じられるスープである。
麺は細くて固め。固さは好みで変えられるそうだ。何より、ゆでるときにきちんとタイマーを使っているところが進歩。
塩ラーメンはしょっぱい。

場所

宮野木ヤックスの向かい。

データ

営業時間

(不明)

住所

(不明)

電話番号

(不明)

取材 2001年6月3日

関連記事

[2001-06-03]

グルメ,千葉県