stabucky blog

虐待

また虐待で小学2年の女の子が死んだ。前にも書いたかもしれないが、これは虐待といわずに殺人と言い切ってほしいところだ。虐待だと、虐めていたら、死んでしまった、という印象を受けてしまう。
で、やはり変だと思うのは、学校の対応が取り上げられていること。ニュースを見ていると、虐待に気付かなかった学校が悪い、というような作り方になっている。つまり、これはこの事件を虐めの延長として見ているからで、単なる家庭内で起きた殺人と見れば、学校の責任云々はないことになる。
ある意味、立派なのは殺した親の態度。直接の原因は女の子が赤飯をこっそり食べてしまったことだが、これを「しつけとしてのルールを守らなかった娘が悪い」と反省していないこと。やりすぎは否めないけど。

関連記事

[2001-07-18]

ニュース