stabucky blog

ワールドトレードセンター-またまた

「こんなひどいテロをやるなんて、何様のつもりだ」
「ウサマ」


先週の土曜日、パソコンの具合が悪くなった。何をやってもインターネットにつながらない。元々モデムの調子が悪いという傾向があったが、設定をいくらいじっても直らない。結局、データのバックアップを取り、パソコンの再セットアップを行った。
ところが起動してもやはり同じ症状。たいていは再セットアップすれば直るのだが、直らない。日曜日いっぱい、使えなかった。
月曜日、もしやと思い、備忘録を取り出して調べると、パスワードが違っていた。それで、すぐにつながった。時間を多く無駄にしたが、再セットアップしたことで、ソフトの起動時間が早くなり、パソコンの反応がよくなった。
パソコンの調子がよくなったので、マイクロソフトのフライトシミュレーターをインストールしてみた。「マイクロソフトフライトシミュレータ98」という、ちょっと古いソフトである。


これを買ったときに、ついでにジョイスティックも購入した。「マイクロソフトサイドワインダーフォースフィードバックプロ」というやつで3万円くらいしたような気がする。ソフトの数倍の値段である。これは当時、珍しかったバイブレーション機能がついている。今は、プレステ2でも標準で付いてくる。とにかく、本格的にフライトシミュレーターで遊ぼうと思っていたのだ。しかし、すぐに飽きてしまった。


で、急にまたやる気になった。ワールドトレードセンターに飛行機をぶつけるのはどんなものか確かめたかったのである。
久しぶりに操縦してみたが、もし実際の飛行機がこの「フライトシミュレータ」と似たような操作状況であれば、ぶつけるのは非常に簡単である。とにかく標的がわかりやすい。最も背が高いビルが2本並んでいるから、間違えようがないのである。ぶつける技術より、ぶつける精神力の方がたいしたものだと思う。
これに対してペンタゴンは探すのすら難しかった。評論家たちがいうようにこっちのほうが難しいのは間違いない。


マイクロソフトからはまだ連絡がない。地形データの修正プログラムがあるはずなのに。

関連記事

[2001-09-15]

ニュース,海外