stabucky blog

萬樂點心店

泰山の主人から薦められていたのだが、やっと行く機会ができた店である。場所が分かりにくく、店の名前もはっきりしないので、どうにも行く気がしなかったのである。今日、店の前を通ったら「営業中」の表示が出ていたので、入ることにした。

入り口は引き戸で完全な曇りガラス。中が見えない。しかし、店の外にはクリスマスの飾り付けがさりげなく、あって、営業しているのは間違いない(実は前日もこの店の前を通ったときは「準備中」となっていたのだ)。店に入ると、誰もいない。店員もいない。すいません、と呼びかけると、奥から、恐縮しながら女性が飛び出してきた。気が付きませんで、などと言っている。どうやら、中国の人らしい。店の中は、4人掛けの机が5卓ほどある。そんなに広くない。
店の壁にはメニューがずらりと書かれている。肉野菜炒めラーメン、麻婆ラーメン、焼き餃子、ショウロンポウ、春巻き(プリプリ海老入り)を頼んだ。
奥から、さっきの女性とコックさんの会話が聞こえるが、中国語である。おそらく中国人の夫婦二人で経営している店なのだろう。店の前ののぼりには、「広州料理」と書いてある。広州、つまり広東省の料理、広東料理の店である。

総評

ラーメンは、日本のラーメンを期待すると間違う。麺は細く柔らかいので、日本人の好む、コシのある麺とは違う。スープは薄目で、旨味重視。具は美味い。つまり、麺はスープの具である、という位置づけなのではないだろうか。
とにかく具が多い。麻婆ラーメンの豆腐はとても柔らかい。日本では、豆腐のもっと固いものが好まれるような気がする。
餃子は皮が美味しい。シナモンのような味がした。京都の八つ橋か。ショウロンポウは皮が固いが、スープがしっかり閉じこめられている。春巻きは、海老が本当にぷりっとしていて美味かった。

場所

千葉市さつきヶ丘のローソンの斜め向かい。

データ

営業時間

11:00-23:00

住所

(不明)

電話番号

(不明)

取材 1999年12月26日

関連記事

[1999-12-26]

グルメ,千葉県