stabucky blog

日本シリーズは第何戦までもつれ込む確率が高いか

今年の日本シリーズはスワローズとバファローズの対決となった。
地味な対決という印象がある。
昨年のデータだが、スワローズの観客動員は1試合平均23100人でセントラルリーグの5位。
バファローズは16900人でパシフィックリーグの6位。
観客数が人気に比例するならば、人気のないチーム同士の対戦ということになる。
もちろん、今年のデータはもっと違うのだろうけど。
なお、昨年の日本シリーズの対決チームである、ジャイアンツは53800人、ホークスは41000人で、それぞれ1位。

今年の日本シリーズは、私にとってはどちらも好きなチームではないので、それほど興味がなかったが、昨日と今日の試合を結局、見ている。
1勝1敗となっている。


もし、両チームの強さが全く同じで、勝つ確率が50%である場合、第何戦までもつれ込む確率が高いか。
これを調べたページがある。

これによると第6戦までもつれ込むのは16分の5(約31%)。第7戦も16分の5(約31%)。
第4戦 13%
第5戦 25%
第6戦 31%
第7戦 31%

これを、片方の勝つ確率を60%にしたりするとどうなるかを考えてみると面白い。
また、ホームチームの勝つ確率を高目にするなどを考えると、はたして現在の「ホーム2試合、アウェイ3試合、ホーム2試合」の順で試合を行うことが、どちらに有利なのか、というのも面白い。
今、ちょっと考えてみたが、面倒になったのでやめた。

関連記事

[2001-10-21]

スポーツ,野球