stabucky blog

はじめて大阪に行く

仕事で大阪に行った。生まれて初めてである。よくいわれるのは、大阪の人は順番を守らないということである。しかし、そうではなかった。電車に乗るときは、必ず、降りる人が全員、降りてから、乗り込む。このあたりのマナーは東京の人よりよい。エスカレーターは、歩く人は左側。これは東京と逆。電車の中も意外に静かであった。誰も彼もが、大阪弁でしゃべって、みんなが漫才師に見える、というのは嘘であった。
うどんやたこ焼きなど、食べ物を楽しみにしていたが、ホテル、居酒屋(村さ来)、駅弁(ハンバーグ)と、全然、大阪らしくないものばかりだった。次は下調べをしていくことにする。

関連記事

[2001-10-24]

生活