stabucky blog

演芸番組

毎年、年始の演芸番組、つまり漫才や落語などの番組を楽しみにしているのだが、今年はあまり見なかった。風邪を引いてしまい、ほとんど寝ていたからだろう。
昨年末に江戸家猫八が亡くなった。動物の物まねの名人である。誰でもできる犬や猫の鳴き真似をテレビで平気でやってしまうという強心臓の持ち主だが、ついにその心臓が止まった。しかし、彼のウグイスの真似はなかなか巧い。
彼の子供である江戸家小猫も、動物の物まねの名人である。小猫といってももう五十歳にはなっているのではないだろうか。ちなみに、小猫の妹だか娘だかも、猫まねきと名乗る、やはり動物の物まね名人である。恐ろしい家族である。正月早々、家族揃って、猫の盛りの真似と称して、「ニャーオ、ニャーオ」と騒いでいるのだから。
今年、私は演芸番組で注目していたのは、江戸家小猫の芸である。猫八の生前から「もう、実質的には、俺が猫八だけどね」と周囲にもらしていた小猫の芸の上達ぶりを見ようと思っていたのである。結局、見なかった。

関連記事

[2002-01-04]

テレビ