stabucky blog

モーグル

モーグルという競技がある。でこぼこした斜面をスキーで滑り降りるやつだ。
この競技は途中で小さなジャンプ台で飛んで、足を開いたり、くるっと回ったりする。このときの演技が得点に加算されるという、なんだかよく分からない競技だ。私は、このジャンプが(エアーというらしいが)、全体の10%くらいのウェイトだと思っていた。
ところが、何と、このジャンプが25%を占め、スピードが25%、滑っているときの姿勢が50%だという。恐ろしいことだ。私は90%をスピードが占めるのだと思っていたが、まったく逆だった。これは、スキーというよりは、フィギュアスケートに近い。もはや、スポーツではない。
日本の里谷という選手が銅メダルを取ったが、おそらく、スピードだけの勝負だったら、金メダルだったかもしれない。もっとも、前回の長野では金メダルだったらしいので、得点の割合がどうこういう問題ではないのかもしれない。何をいってんだか。

関連記事

[2002-02-10]

スポーツ