stabucky blog

FIFAランキング

そろそろ予選リーグも大詰めである。
いつも調べようと思って忘れていたFIFAランキングをやっと調べたので、分析してみた。今さらという気がするが。
まずはグループ分けとその国のランク。

グループ国名ランク国名ランク国名ランク国名ランク
Aフランス1デンマーク20ウルグアイ24セネガル42
Bスペイン8パラグアイ18スロべニア25南アフリカ37
Cブラジル2トルコ22コスタリカ29中国50
Dポルトガル5アメリカ合衆国13ポーランド38韓国40
Eドイツ11アイルランド15カメルーン17サウジアラビア34
Fアルゼンチン2イングランド12スウェーデン19ナイジェリア27
Gイタリア6メキシコ7クロアチア21エクアドル35
Hベルギー23ロシア27チュニジア30日本32

という風になっている。
このランクを合計するとそのグループに強いチームが集まったかどうかの目安になる。

グループ合計
A87
B88
C103
D96
E77
F60
G69
H112

「死のF組」なんて言われていたが、やはりランクの合計が一番少ない。FIFAランキングの上位チームが集まったということだ。
しかし、何をもって「死」とするかだ。上位チームが順当に勝ち上がることができれば、それは「死」ではない、と考えるとどうだろう。つまり、上位2チームと下位2チームの差が小さければ、下位チームがリーグを勝ち上がる可能性の高い激戦区となる。

グループ上位2チーム下位2チーム上位と下位の差
A216645
B266236
C247955
D187860
E265125
F144632
G135643
H506212

おお、日本のH組がもっとも差が小さい。つまり激戦区ということになった。この見方で行くと一番、順当な結果になりそうなのが、D組である。
ま、明日にはすべての結果が出揃うだろうから、実際との比較は後日。

関連記事

[2002-06-14]

スポーツ