stabucky blog

辰巳らーめん

まず恐ろしいのは、これほど不味い寿司屋があるのかと驚いた寿司屋がつぶれた後の店であること。店に入ると左手に、客が待つためのシートがある。回転寿司によくあるパターンである。そして、店の奥の壁には回転寿司のコンベヤが通っていたであろう、穴があいたままになっている。もちろん、きれいに改装しているが、穴の形はそのまま。今はそのコンベヤはもちろん取り外され、右側が厨房、左側と手前がカウンター席になっている。テーブル席、座敷席はない。
席に着くと、店員が横にぴたりと寄ってきて、鬱陶しい。まだ、メニューも見ていない。さんざん待たせて、特製醤油ラーメンと、白味噌モツラーメンを頼んだ。

総評

特製醤油ラーメンは、特製というだけあって、はっきりした味。鰹節からだしをとっているのがすぐ分かる。ラーメンのスープではない。
スープはまあよいとして、ひどかったのが、麺。ぼそぼその輪ゴムのような麺であった。これならばインスタントラーメンの方がいい。
チャーシューは、普通。
白味噌モツラーメンの方は、麺は同じくぼそぼそ、スープはまあよいとして、モツがまたよくない。

場所

京成幕張駅前の商店街を国道14号方面に向かう。14号を突っ切ってまっすぐ行くと右側にある。肉のハナマサの並び。

データ

営業時間

(不明)

住所

(不明)

電話番号

(不明)

取材 2000年2月26日

関連記事

[2000-02-26]

グルメ,千葉県