stabucky blog

さくら

NHKがどえらいことをやった。

NHKが放送中の連続テレビ小説「さくら」で、21日放送予定の第150回を誤って20日朝8時15分から総合テレビで放送した。NHKは原因を調査中としている。NHKは日曜を除く毎日、地上波の総合テレビと衛星第2放送(BS2)、デジタルハイビジョンで「さくら」を放送している。BS2、デジタルハイビジョンでは午前7時半から第149回を放送したが、総合テレビでは誤って翌日放送予定の第150回が放送された。NHKでは20日午後零時45分からの総合テレビの再放送で視聴者におわびしたうえで第149回を放送。21日午前8時15分から第149、150回を連続して放送することにしている。(共同通信)

NHKは客から金を取って放送しているのだから、間違いは許されない。徹底的な原因究明を願いたいものだ。私は受信料を払っていないが。
何がどえらいかというと、朝の連続テレビ小説はいつも、視聴率のトップだからだ。9月9日の週のドラマ部門の視聴率第1位はこの「さくら」で26.6%である。4世帯に1世帯はこの番組を見ているという計算になる。こりゃみんな怒るわ。
この視聴率。ビデオリサーチという会社の場合、関東で600世帯を調査してはじき出している。多くの人は、これを少ないと感じ、正確な視聴率は出ないのではないか、と感じるであろう。「宝くじは銀座で買った方が当たる」なんて本気で信じている日本人に統計学のことを言ってもしょうがないが、しかしながら、ビデオリサーチ社によれば、この視聴率の誤差を2分の1にするためには統計学上、4倍の2400世帯で調べなければならないらしい。ビデオリサーチ社のサイトにいくと、こういう難しい話が詳しく説明されている。理解できる人は少ないのではないだろうか。

関連記事

[2002-09-21]

テレビ