stabucky blog

電波時計

先日、電波時計なるものを買った。福島県に、正確な時刻を管理し、それを電波だか何だかにして流している場所があって、この電波だか何だかをキャッチして正確な時刻を示す時計である。これが特別な装置が必要かというとそうではなく、値段でいうと、壁掛け時計で3000円、目覚し時計で1000円であるから、通常の時計とほとんど同じである。
私が買った、カシオの電波時計の場合、セットすると、正確な時刻まで針がぐるぐる回って止まり、あとは普通の時計と同じ動きをする。翌日からは、毎日、午後2時に正確な時刻をキャッチしにいって、微調整をするという。
難点は、電波の届きにくいところでは当然のことだが正確な時刻にならない。届きにくい場合は、時計の面を福島県に向ける。裏面でもいい。つまり、南側か北側の壁にぶら下げるしかないのである。
私の部屋では南側の壁にも北側の壁にもぶら下げる場所がないので、結局、一回、時刻を合わせた後は、西側の壁にぶら下げている。電波が弱いらしく、毎日の時刻の微調整はできていない。時刻を合わせたときに、本当に正しいか、電話で確認してしまった。確かに1秒の狂いもない。でも、それでは、普通の時計と同じではないか。
腕時計にも採用されているから、これが完全に普及すると、NHKの時報はなくなると予想する。

関連記事

[2002-10-22]

買い物