stabucky blog

松井秀喜がメジャーリーグに

本来、この週末はジャイアンツの日本一を特集する番組ばかりが放送されるはずであったのに、松井がメジャーリーグに行くと発言したばかりに、日本一のシーンがなかなか放送されない。
松井は本当はタイガースファンで、ジャイアンツが嫌いなのだから、チャンスがあればすぐに出ていってしまうと思っていたが、その通りであった。これで、ジャイアンツOBとして甘い汁を吸うことができなくなる。掛布などはジャイアンツファンなのにタイガースOBなので、今一つ、邪険に扱われているように思われる。デーブ大久保などは本当はライオンズの選手でしかも大した選手ではなかったのに、引退前の数年をジャイアンツで過ごしたために、今、テレビの仕事に困っていない。
まあ、松井はジャイアンツの優勝にかなり貢献したので、良しとしよう。問題は、来年のジャイアンツの4番打者である。バファローズの中村がジャイアンツにくれば面白い。くるならば選手としてピークである今、きてほしい。バファローズOBとして野球人生を終えるならば、ジャイアンツで終えたほうがいいということに気付いてくれれば、くるだろう。しかし、パシフィックリーグのお馬鹿ピッチャーのボールが打てたからといって、セントラルリーグのピッチャーのボールが打てるとは限らないことを肝に銘じておく必要があろう。

関連記事

[2002-11-02]

スポーツ,野球