stabucky blog

酔わない日本酒

夢のような飲み物が登場した。

石川県で日本酒製造最大手の福光屋(金沢市)は、日本酒の風味があるもののアルコール分はほとんど含まれない「ノンアルコール日本酒」を12日から発売する。忘年会シーズンを控え、お酒を飲みたくても車の運転で飲めない人など向けで、同社は「業界初の試み」と話している。名前は「のんある代吟醸『宴会気分』」で200ミリリットル入り250円。酒米「山田錦」を吟醸酒並みに精米(精米歩合60%)したものと米こうじ、保存料が原料。製法も日本酒と同じだが、加える菌を変えるなどしてアルコール分0・5%と酒税法上の「酒類」に入らない清涼飲料水にした。吟醸酒のような上品な香りで、カロリーは日本酒の約3分の1。

昔からノンアルコール「ビール」というのはあったし、クリスマスシーズンになればノンアルコールの「シャンパン」が売られる。味は似ているような気がするもののやはり酔えないと意味がない。この日本酒も同じではないかと思う。
そもそも「酔う」という状態が何なのか。アルコールがなくても酔えるのか。シンナーみたいなものだろうか。試したことはないが。

関連記事

[2002-12-10]

ビール・酒