stabucky blog

かつお味とホタテ味

「ですから、かつお味なんですよ」
「どっちが?」
「こっちが」
「そうかなあ、ホタテ味だけど」
「いえ、かつおです」
「うーん、ハマグリかな」
「かつおです」
「どう違うの?」
「かつお味とホタテ味です」
「だから、どう違うの?」

江崎グリコは5日、かつお風味の米菓の袋に間違ってホタテ味を入れてしまったとして「黒潮コメッコ〈第2弾〉」5万6000個を回収すると発表した。米菓は2月中旬から同下旬に中部地方以西に出荷された。本来はかつお風味のはずだが、工場で調味料の切り替えを間違えたため、別の米菓の「コメッコ」に本来入れるはずのホタテ味になってしまったという。同社広報部は「菓子そのものの外見はホタテ味と同じ。味も同じ魚介類なので、食べ比べないと気づかないかも」と話している。間違いに気付いた消費者からのクレームは今のところないという。問い合わせは江崎グリコ、フリーダイヤル0120(747)288。(共同通信)

グリコの顧客対応については、以前、ポッキーの件で問い合わせをしたときの対応がよかったので、今回は許してあげてよいと思う。文中にもあるが、ホタテ味とかつお味の区別なんて、つかないだろう。それに食品としては問題はない。そこを、あえて「間違えた」と宣言したのだから、あっぱれと言いたい。
しかし、ニュークイックがビーフコロッケをかぼちゃコロッケにすりかえた事件は許すわけにはいかない。

関連記事

[2003-03-05]

食べ物