stabucky blog

出産予定日を間違える

昨日の続きから。

山陽新幹線の居眠り運転で注目された睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者が居眠り運転で交通事故を起こす確率は、患者でない人の2倍を上回ることが、愛知医大(愛知県長久手町)睡眠医療センター(塩見利明部長)の調査で13日、分かった。センターは「SASと居眠り事故の具体的な関係が明らかにされたのは初めて」と話している。(共同通信)

やはり、自動車のドライバーも睡眠時無呼吸症候群にかかると居眠り運転をしてしまうようだ。


またもや冗談のような事件である。

長野県諏訪市の諏訪赤十字病院(中藤晴義院長)で2001年11月、医師と助産師が同県伊那市の女性の出産予定日を間違えて予定日より約50日早く帝王切開手術を行い、未熟児の男児を出産させていたことが13日、分かった。女性と夫は病院に約530万円の慰謝料など損害賠償を求める通告書を送付。病院側もミスを認めている。同病院によると、女性は01年11月21日、別の病院の紹介で諏訪赤十字病院に来院。その際助産師が紹介状の出産予定日に「(02年)1月12日」と書かれていたのを「12月2日」と見間違えて医師に報告した。医師は診察の結果、臨月に近い胎児にしては小さ過ぎ、出産を急ぐ必要があると誤診。来院当日の夜、帝王切開手術を行い、女性は男児を出産した。男児は体重1914グラムで未熟児だったが、現在未熟児出産による異常はないという。病院側は「誠心誠意対応したい」と話している。(共同通信)

普通、妊娠した女性の体を見たときに「これは妊娠8ヶ月だ」とか「臨月だ」とか、分かるものではないのだろうか。医者だぞ。それを「臨月なのに、赤ちゃんが小さい」と判断するか。「赤ちゃんが小さいから、臨月でない」とは思わないのだろうか。まず、前の病院に確認しないのだろうか。
しかし、この女性もおかしい。妊娠した女性は、出産予定日を忘れないものである。夫の誕生日を忘れても、子供の誕生日は覚えているものだ。それは、1年近くも苦しい思いをして、まだかまだかとその日を待ち続けるからだ。それをいきなり50日も早く、無理矢理、産まされるのである。なぜ、その理由を質さないのだろう。
この医師の免許を取り消しにすべきである。それができないのならば、医師の名前を公表すべきである。日本人はそれを知る権利がある。
「諏訪市の住民だけの問題であり、住民はこの病院に行かなければいいだろう」という意見もあるかもしれないが、それは危険である。この医師は勤め先を変えることができるのである。極端な話、これは諏訪市の住民だけが危険なのではない。日本中のどの病院にこの馬鹿医師が勤めるか分からないのである。

関連記事

[2003-03-13]

ニュース,健康