stabucky blog

歌丸と笑点

日曜日の昼前にテレビでやっている「波瀾万丈」という番組。
テレビタレント等をスタジオに招き、その半生を再現ビデオで紹介するという番組だが、先日のゲストは桂歌丸であった。
歌丸といえば「笑点」である。福留アナが禁句である「大喜利の問題はその場で出されるのか」ということを歌丸に訊いてしまったのである。
それまで饒舌であった歌丸が歯切れ悪く「そうそう、その場で出る」ということを小さな声でぼそぼそ言い、飲み物でのどを潤した。
私は、やはり事前に問題が出ていること、そしてその答えも出ていること、つまり台本があることを確信した。

で、その日の夕方の「笑点」。
前半は綾小路きみまろ。
どこかで聞いたことのあるネタだ。
テレビなので少し早口。

そして「大喜利」。
いつもの調子である。
しかし、出演者の一人が「○○和尚、何とかですな」と別の出演者に呼びかけて、それに瞬時に応じて落とすという、お題が出た。
通常のお題であれば、別の人がしゃべっている間に考えることができるが、このお題では無理である。
どう見ても、事前に作っている「コント」のようだった。

関連記事

[2003-03-25]

テレビ