stabucky blog

早稲田大学学生の集団強姦事件

早稲田大学の学生が集団で強姦した事件。

早稲田大学のサークル「スーパーフリー」(解散)のメンバーによる集団強姦(ごうかん)事件で、同大は1日、準強姦の罪で起訴されたスーパーフリー代表で同大2年の和田真一郎被告(28)を退学処分にしたと発表した。(朝日新聞)

パーティを主催し、その二次会で女性に度数の高い酒を飲ませ泥酔させ、自分のマンションに連れて帰り、強姦するという手口らしい。
これ以上、詳しい話を知っても仕方がないので、勝手に憶測してみる。

まず、28歳で大学2年というのは何だろう。
単純に考えると26歳で入学。
すると8年も浪人していたのか。
それとも2浪して20歳で入学。
8年をかけて卒業するつもりだったのか。
どう考えてもおかしい。
やけに日焼けした顔を見ると、どこかの国の留学生のようだが。

強姦された女性というのも、無防備すぎる。
こんな女性は強姦しなくても通常の手順を踏めば男性側は目的を達せられたような気がする。
私は喧嘩両成敗という考え方が嫌いだが、この件に関しては、男が悪いのは確かだが、女も悪いような気がする。

だから今までは強姦された女性が「まあ、いいか、私も油断していたんだし」と泣き寝入りしていたのに、今回は「何か、損した気がする」と物事をすべてプラスとマイナスで考えるドライな女性を強姦してしまったためにばれたに過ぎないのかもしれない。

まあ、この事件は強姦の主犯グループの名前を公表するのは当たり前だが、このサークルに所属していたメンバー全員、さらにはパーティの出席者全員の名前を公表するのが良かろう。

かわいそうなのは、この事件の犯人を「元気がある」と言った国会議員だ。
座談会でこの発言をしてしまったのだが、どうも司会者がそう言わせようと仕向けた節がある。
冗談で言ったのにまともに受け取られて、結局、謝罪である。
例によって福島という女性議員がぎゃあぎゃあとステレオタイプな反応をしているから、女性議員は役に立たないと思われてしまうのだろう。
「強姦される女が悪い」とびしっと言うような女性議員はいないものか。

同じ座談会で森首相も、また問題発言。
子供を産まないような女性のために税金を使うわけにはいかない、というような趣旨のことを言ったらしいが、この座談会が幼稚園のPTAの会合で行われたもので、当然、客は子供のいる親だったので、サービスで言ったのに決まっている。
これにも福島という女性議員がまたまたステレオタイプな反応。

本当に弁護士の資格を持っているのか、この人。
頭、悪いぞ。

関連記事

[2003-07-01]

ニュース,犯罪