stabucky blog

「ロッキー」

8月4日からの一週間。午後1時半から3時半まで、毎日、シルベスター・スタローンの「ロッキー」シリーズが放送される。当然、すべて録画する予定である。
知らない人はいないと思うが「ロッキー」シリーズは第5作まである。
「ロッキー」とは、うだつの上がらぬボクサーがひょんなことからチャンピオンになるチャンスを掴むという話で、それが主人公を演じたスタローン自身にもぴたりと当てはまったという、この上ないアメリカンドリームな映画なのである。
「ロッキー」は監督をジョン・G・アビルドセンが務め、アカデミー賞を取っている。続編からはスタローン自身が監督を務め、アカデミー賞とは無縁な、めちゃくちゃな路線になっていく。それを修正するためなのか何なのか、「ロッキー5」ではアビルドセンが監督に復帰している。
どうやら続編が出るたびに評判が落ちていったようで「ロッキー5」を観たことがないという人が多い。私が観たときにはかなり感動した。監督が元に戻ったからだと認識している。私は「ロッキー5」をみなに薦めて回ったのだが、実際、なぜ自分が感動したのか、よく覚えていない。
というわけでとても楽しみである。すべて録画し、朝から晩まで、あるいは晩から朝まで、10時間ぶっ続けで観るつもりである。

関連記事

[2003-07-30]

デジタル