stabucky blog

クルマの色はシルバーがよい

私は今年の4月に新車を買った。
車体の色はシルバーである。
汚れが目立たないだろうという考えだったが、どうも他にも効果があるらしい。

車体がシルバーの車は事故に巻き込まれる確率が比較的低いという論文をニュージーランドの科学者グループが発表した。

世界中で毎日、交通事故による死者は3000人に上るが、オークランド大学の研究者グループは、シルバーの車に乗って事故に遭う危険はほかの色の車より少ないと主張している。
スー・ファーネス氏と同僚がブリティッシュ・メディカル・ジャーナル誌に寄稿した論文によると、シルバーの車が死傷事故を起こす確率は白い車の約半分という。(ロイター)


ニュージーランドの研究者のレポートなのでちょっと胡散臭いが世界中のを調べたということなので信用しよう。
これがニュージーランド限定の調査ならば信用できない。
「毛の色がシルバーの羊は交通事故に遭わない、の間違いではないか」と言うところだ。
何しろクルマより羊の数の方が多い国だ。本当か。

このレポートでは、シルバーのクルマが事故に遭わない理由について言及していないらしい。
私の考えではシルバーのクルマに乗る人は保守的な人が多いから、交通ルールも守る。
だから事故を起こさないのである。
クルマの色の視覚的な効果ではなかろう。

こんな調査は日本でもやればいいのだ。
そして損害保険料の割引をするのだ。
シルバーのクルマは割引。
黒いクルマは割増。

関連記事

[2003-12-20]

ニュース,交通