stabucky blog

おたふく世田谷店

割り箸の袋には「広島名物お好み焼き」と書いてある。店に入ると入り口の左に棚があって、ここにバッグを置く。席はL字型で中が厨房。L字型の長い方のカウンター席の背中側にまたテーブルが置いてあって3人くらい座れる。
広島風お好み焼きは一般にはそば入りということになっていて、この店もそうである。しかし、あえて注文しないとそばを入れてくれない(もっとも注文のときに言い忘れても「そばはどうしますか」と訊いてくれるが)。
お好み焼きは、具を小麦粉に練り込んで、焼くが、ここのお好み焼きはスタイルが違う。まず、具を練り込まない。最初に小麦粉(おそらく山芋か何かが混ざっている)を薄く焼き、その上にキャベツを載せ、それも大量に載せ、また薄く焼いた卵で挟む。具はぐいぐいと押しつけて焼くので、ずいぶん、かさが減る。ソースはもちろん「おたふくソース」だ。
また変わっているのは、おでんがあること。夏でも、冬でも、ある。ビールはジョッキが凍らせてあって美味い。

総評

私が行ったときは、おそらく店主であろう人がいなかった。店主が焼くお好み焼きとその他の人(でしか?)が焼くお好み焼きでは、美味さが違うと言われているが、確かにそんな気がする。美味いことには違いないが。
トンペイというメニューがおすすめ。

場所

小田急下北沢駅をピーコックのある側に降りて、横浜銀行の角を曲がって、いくつもの路地を突っ切りながら、まっすぐ歩く。突き当たりに、変わったクレープ屋がある。これを右に曲がる。

データ

営業時間

(不明)

住所

東京都世田谷区北沢2-28-7

電話番号

03-3485-2947

取材 2000年7月5日

関連記事

[2000-07-05]

グルメ,東京都