stabucky blog

テニスで死んで労災適用

こんな事件で健康な労働者が負担する社会保険料が高くなるのは納得のいかないところ。

三菱重工業長崎研究所の室長だった男性が、テニス中に心筋梗塞になり重い障害を負ったのは、過重な勤務が原因として、長崎労働基準監督署に労災不認定処分の取り消しを求めた訴訟の判決が2日、長崎地裁であり、田川直之裁判長は請求を全面的に認め、処分を取り消した。(共同通信)

そんなに疲れていたのならテニスなんかするな、と言いたいところ。多分テニススクールかテニスコートに料金を払っていたから、貧乏根性を起こして「テニス、やらなきゃ損だ」と思ったに違いない。
この死んだ人はどうやら月に76時間以上の時間外勤務をしていたらしいが、これぐらいの残業はありうる。

関連記事

[2004-03-02]

ニュース,無駄