stabucky blog

仙台城

伊達政宗の居城として知られる仙台市の国史跡・仙台城(青葉城)で、6年前から進められていた本丸跡北面石垣の修復工事が12日に終わり、総延長190メートル、高さ5―18メートルの威容と曲線美が見事によみがえった。(読売新聞)

私は仙台に3度ほど行っているが一度もこの石垣を見ていない。前回の旅行のときの日記にはこんな風に書かれていた。

5時頃、仙台に到着。仙台城の跡にいく。何もないところである。よく観光案内で見られる、伊達政宗の騎乗像があるくらい。しかも石垣工事中ということで見苦しいことこの上ない。(平成13年7月22日の日記)

夕方の5時頃に訪れているらしい。こんな遅くに行くなんて、どう考えても期待していなかったと思われる。このあと、ビジネスホテルに泊まるのだが、仙台駅のすぐそばで騒音のため明け方まで眠れなかったと日記には書かれている。めちゃくちゃな旅行だった。
今度、行くときは、この石垣を見てみたいと思う。と心にもないことを書いておく。

関連記事

[2004-03-12]

ニュース,地域