stabucky blog

丈夫なじいさんと丈夫なヤギ

口論の末に父親を包丁で刺したとして、神奈川県警瀬谷署は15日、横浜市瀬谷区阿久和西、無職田村健一容疑者(37)を殺人未遂の疑いで逮捕した。同容疑者は、父親から約1カ月前に病死した母親の香典を盗んだと言われ、腹が立ったと供述しているという。

調べによると、田村容疑者は同日午前3時半ごろ、自宅で父親の無職久さん(61)の頭をダンベル(約4キロ)で数回殴った上、台所にあった包丁を持ち出して首や腹を刺し重傷を負わせた疑い。同容疑者は久さんと2人暮らし。(時事通信)


これはこの事件自体がすごいのではない。4キロもあるダンベルで数回殴られ、包丁で刺されても、まだ生きているということ。これがすごい。息子が香典泥棒でなかったら、真犯人は誰か、という問題もある。ま、息子が香典泥棒だろうが。


伊豆諸島の無人島・八丈小島(約3.1平方キロ)で、野生化したヤギが繁殖して環境破壊を招いているとして、東京都八丈町は来年度中に約200頭すべてを駆除する方針を固めた。同町はこれまで、生け捕りして飼育先を探してきたが、島の急斜面に逃げ込んだヤギは捕獲が困難なことなどから、やむなく射殺することにしている。(毎日新聞)

ヤギの繁殖力はすごいらしく、ガラパゴス諸島でもヤギのせいで希少生物が絶滅しそうになったり、尖閣諸島では最初2頭だったヤギが今では千頭にまで増えたり、とかとんでもないことになるようだ。多分、丈夫だから、そのうち、犬の代わりにヤギを飼うのが流行るかもしれない。白一色というのがつまらないので、品種改良でピンク色とかしましまとかいろいろつくればブームになるかも。

関連記事

[2004-03-15]

ニュース