stabucky blog

ダイレクトプレーとワンタッチプレーの違い

サッカーでよく「ダイレクトプレー」という言葉を使います。
私は「ワンタッチプレー」のことかと思っていましたが、違うようです。

ボールをトラップせずワンタッチでパスやシュートをすることは「ワンタッチプレー」ですが、必ずしも「ダイレクトプレー」ではないのです。
「ダイレクトプレー」というのはゴールを決める際の「最短手順」を想定したプレーのことなんだそうです。つまり「ゴールに直結したプレー」のことです。

ダイレクトプレーゴールを決める際の最短手順を想定したプレー
ワンタッチプレーボールに1回だけ触るプレー

相手のゴールのすぐそばでは、ゴールを狙うことを第一に考えるわけで、このようなプレーをダイレクトプレーと言うのです。
柳沢選手のようにゴール前でフリーになってもパスを出すようなプレーは、たとえワンタッチでパスを出したとしても、ダイレクトプレーではないのでしょう。

関連記事

[2005-09-13]

スポーツ,サッカー