stabucky blog

首位攻防戦、今後の予想

現在、ホークスとマリーンズはパシフィックリーグの1位争いをしているわけですが、今後の予想をしてみました。

両チームとも残り6試合で引分数も2と同じため、予想計算しやすいのです。
最終的に何勝するかを予想すればよいことになります。

現在はホークスが84勝、マリーンズが82勝。

今後の日程は次の通りです。

9月ホークスの相手マリーンズの相手
22日マリーンズホークス
23日ライオンズイーグルス
24日ライオンズイーグルス
25日ライオンズイーグルス
26日イーグルスファイターズ
27日イーグルスファイターズ

マリーンズは5位のファイターズと6位のイーグルスの試合を残しています。
マリーンズが有利なようにも見えますが。

今年の今までのそれぞれの対戦成績で「勝率」を計算すると
例えばホークスはマリーンズに対して、9勝10敗のため、0.47となります。
つまり、この試合でホークスは「0.47勝」ということになります。
こうやって残り試合すべての「予想勝ち数」を合計すると

ホークス87.73勝
マリーンズ86.00勝

となります。

ホークス有利となりました。
ただホークスの相手のライオンズはプレーオフがあるため必死で来ると予想されるのに対し、マリーンズはプレーオフ圏外のイーグルスとファイターズが相手。
まだまだ分かりません。

関連記事

[2005-09-22]

スポーツ,野球(マリーンズ)