stabucky blog

ウクライナ戦、またやらかした中田浩二

サッカー日本代表はキエフでウクライナ代表と親善試合。

前回のラトビア戦で致命的なパスミスをした中田浩二が、後半7分、今回は危険なタックルでレッドカード。親善試合で退場を食らってどうする?

ウクライナといえばシェフチェンコですが、出場しませんでした。彼のワンマンチームかと思っていましたが、スピードのある選手が多く、何度もサイドを破られていました。さすがにワールドカップ初出場を決めただけあります。
今日の試合ではウクライナが決定的なチャンスを何度も失敗していたので、もしシェフチェンコがいたらと思うとぞっとします。

人数が一人少ない状態で守り続けたのですが、後半42分、初代表の箕輪がペナルティエリア内で反則を取られ、PKを決められました。これはレフェリーが厳しすぎ。
そしてこのまま0対1で負け。

関連記事

[2005-10-13]

スポーツ,サッカー