<< 日本対インド | main | 荒川静香が金 >>

永田議員の発言-その後

先日、永田議員の発言を採り上げましたが、結局、本人が誤りを認めました。一旦は辞意を表明し、現在は「休養」ということになっているようです。これだけ世間を騒がせたのだから辞めるのは当然かもしれませんが、休ませることで時間稼ぎをするつもりなのか何なのか。

ライブドアの堀江貴文前社長から武部勤・自民党幹事長の二男への「送金指示メール」の信ぴょう性をめぐり民主党の永田寿康衆院議員が辞意を伝えていた問題で同党は23日夜、緊急の役員懇談会を開き、対応を協議した。その結果、永田氏の意向がなお揺れ動いているとして、同氏を当分「休養」させることで結論を先送りした。鳩山由紀夫幹事長によると、永田氏はメールについて「自分の思いこみがあり、国民や党に対しおわび申し上げたい」と国会で取り上げた自らの対応の誤りを認め、陳謝した。(毎日新聞)


この問題は三大紙の社説もほとんど同じ論調で、「非は民主党にある。うやむやにするな」といったトーンです。

社説サーフィン

関連記事
Irregular Expression: 民主党ガセメール問題の個人的収穫
ニュース > 政治 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

©1995-2006stabucky.com