<< マリーンズ、ジャイアンツに逆転勝ち | main | 8対2でベイスターズを破る >>

3対2でジャイアンツに勝つ

千葉ロッテマリーンズは3対2でジャイアンツに勝ちました。
7回に大松のホームランが決勝点。

今日の3得点はすべてソロホームランという、マリーンズには珍しいパターン(フランコ、里崎、大松)。
雨で中断があったり、イスンヨプのホームランを走者の小関が3塁を踏み忘れて取り消しになったり、波乱の試合でした。
昨日も小関のファンブルで走者が生還するなど、活躍してはいますが、ミスも目立っています。

セ・リーグでは打者走者がベースを踏み忘れたり、前の走者を追い越すなど、これまで9本の本塁打が取り消されているが、塁上の走者がベースを踏み忘れて幻の本塁打となるのは初めて。(共同通信)


大松は大事な場面でホームランを打ちます。将来の4番打者、という言い方もされますが、すでに4番として使っても問題ないくらい。

昨オフにチームを去った李承☆に代わる、頼もしい大砲が誕生した。(注)☆は火ヘンに華(共同通信)


毎回、こんな注釈を付けるくらいなら「イスンヨプ」ってカタカナで書け。
スポーツ > 野球(マリーンズ) | comments (0) | trackbacks (3)

Comments

Comment Form

Trackbacks

ロッテ巨人に6戦全勝 | 芸能&スポーツ瓦版 | 2006/06/12 10:04 AM
ロッテVS巨人の交流戦6戦目が行われてロッテが3対2で勝ち ロッテは巨人に6戦全勝で昨年から合わせると11勝1敗である今日は李のホームランを防いだ今江のファインプレーに尽きるよ今の巨人は内紛やベース踏み忘れとか情けないが上原は立派や ロッテV...
《 【参戦】上原投手 対マリーンズinマリンスタジアム 第3戦 》 | ★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★ | 2006/06/12 01:26 AM
   今日の先発は、 2006.06.04 好投で"勝利に貢献"した我らがエース上原投手です。
小関、前代未聞の珍プレイ | 道楽主義宣言ver.2 | 2006/06/11 11:41 PM
俊介、今日もピリっとしない投球ながら、スンのホームランを幻と消し去った小関の珍プレイに救われ、チームは対巨人6連勝を達成(通算11勝1敗、うち誤審にて1敗)1回表、先発俊介、先頭打者清水をセンターフライに打ち取るも大松、これを落球、無死2塁といきなりのピンチ。...

©1995-2006stabucky.com