<< 朝日新聞の記者が酒気帯び運転 | main | 大嶺、マリーンズ入団を拒否か >>

エースの資格

日本ハムの金村が5回途中で降板。

継投失敗で内紛勃発 エース金村が監督批判
この日はただの継投失敗では終わらなかった。今季最終登板の金村は試合後、「絶対許さない。外国人の監督だから個人の記録は関係ないのでしょう。顔も見たくない」と監督批判を繰り広げた。


この人は何を考えているのでしょう。
チームの成績よりも自分自身の成績のほうを優先するそうです。
こんなチームには負けてほしいです。パシフィックリーグの代表になる資格はありません。

昨年のマリーンズのバレンタイン監督のときにはこんな問題は起きませんでした。
そもそも、好調ファイターズで9勝しかしていない投手をエースと呼んでいいのでしょうか。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (1)

Comments

Comment Form

Trackbacks

監督批判(北海道日本ハム) | 徒然なるままに | 2006/09/24 11:36 PM
なんだか、首位争いをしているチームにふさわしくない事態発生。日本ハム金村暁投手(30)がロッテ20回戦の5回、4〓1とリードしていたが二死満塁となったところで降板を命じられた。5年連続2ケタ勝利の権利を得るまであと1死の

©1995-2006stabucky.com