エースの資格

日本ハムの金村が5回途中で降板。

継投失敗で内紛勃発 エース金村が監督批判
この日はただの継投失敗では終わらなかった。今季最終登板の金村は試合後、「絶対許さない。外国人の監督だから個人の記録は関係ないのでしょう。顔も見たくない」と監督批判を繰り広げた。


この人は何を考えているのでしょう。
チームの成績よりも自分自身の成績のほうを優先するそうです。
こんなチームには負けてほしいです。パシフィックリーグの代表になる資格はありません。

昨年のマリーンズのバレンタイン監督のときにはこんな問題は起きませんでした。
そもそも、好調ファイターズで9勝しかしていない投手をエースと呼んでいいのでしょうか。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (1)

リーグ戦を2位で通過して優勝

WBCで日本は優勝したのですが、韓国では「日本はリーグ戦を2位で通過したのだから優勝に値しない」というようなことを言っている様子。
しかし、このようなケースはよくあることで、もしそのようなことを言うのであれば、高校野球のように、最初からすべてトーナメント戦にすればよいのであって、言いがかりとしか思えません。
そりゃ悔しいでしょうけど。

実際、サッカーのワールドカップでは、一次リーグを2位で突破して優勝したケースが4回もあるそうです。
1954年の西ドイツ、1974年の西ドイツ、1978年のアルゼンチン、1982年のイタリア。
これらのチームに対して優勝の価値がないという話は聞いたことがありません。

関連記事
Irregular Expression: WBC雑感
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

WBC、日本、キューバを破り世界一に

WBCの決勝戦で日本がキューバを10対6で破り初代世界一となりました。

当初、メジャーリーガーが参加しないのではという懸念もありましたが、実際には結構、メジャーリーガーが参加して充実した大会になったと思います。
日本は、メジャーで活躍する松井や井口、今年、メジャーに移籍した城島などが参加しませんでした。
もし日本が惨敗していたならば「彼らが参加がしていたら」という話が出るのかもしれませんが、実際には彼らがいなくても勝ってしまいました。
結局のところ、メジャーが二人しかいない日本が優勝し、一人もいないキューバが準優勝という皮肉な結果になりました。

マリーンズ勢の活躍もありました。
決勝戦では渡辺が登板した場面ではキャッチャー里崎、セカンド西岡、サード今江と9人のうち4人がマリーンズ。
特に里崎は城島の穴を埋める以上の働きでベストナインにも選ばれる活躍。
これほどの選手がマリーンズに戻ると橋本との併用という形なのですから面白いです。

今回の日本代表は一発に頼らない編成で、これが良かったと思います。
四番の松中も本塁打は一つもなかったですが、とにかくつなぐことに徹してよく塁に出てよくホームに帰ってきました。
これが守備の良さにもつながり、失点が少なかったため、二次リーグ突破の一つの要因になったように思います。
昨年、ホークスが松中の不振が影響してマリーンズに負けましたが、このような短期決戦では長打に頼るようなチームではダメなのかもしれません。

今回、日本代表を率いたのは王監督でした。
試合中、これほどベンチで大騒ぎする監督を他に見たことがありません。
彼がジャイアンツの監督になったとき、「ベンチで騒ぎすぎ」という批判がありましたが、ジャイアンツを追われ、弱小ホークスを常勝チームに育て上げ、日本を世界一に導いた今、「名選手は名監督にはなれない」という「格言」もあてになりませんね。
こうなると、アテネ五輪で惨敗した日本ですが、長嶋監督が倒れたときに、中畑コーチを代理にするのではなく、まったく別の監督を起用するべきだったのかもしれません。

さて、日本のプロ野球が始まります。
このWBC優勝の勢いで日本のプロ野球が盛り上がることを期待します。



Back in Black

大塚が登板した場面で流れていた曲「ヘルズ・ベルズ」はこのアルバムに収録。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

WBC、日本、準決勝で韓国を破る

日本が韓国を6対0で破り決勝戦進出を決めました。
この大会、日本は韓国に2連敗していましたが、これで帳消しにしておつりが来ます。
決勝戦もテレビ観戦できるのでとても嬉しいです。
続きを読む>>
スポーツ > 野球 | comments (2) | trackbacks (0)

日本がWBC準決勝に進出

アメリカがメキシコに敗れたため、日本がWBC準決勝に進出することになりました。
次はまたもや韓国との対戦。
韓国は準決勝進出による兵役免除でモチベーションが下がる、ということになればいいなあ。

準決勝は日曜日、決勝は春分の日。両方ともテレビ観戦できるのがうれしいですね。
是非、勝ち進んでほしいです。
続きを読む>>
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

WBC、韓国に2対3の逆転負け

韓国は8回にイスンヨプの逆転ツーランで勝利。
敵に回すとやはり嫌なバッターですね、イスンヨプは。
石井(スワローズ)が打たれたのですが、その前の打席は同じ左投げの藤田(マリーンズ)が抑えたんですね。この二人の投手は似ているなあ。

日本は負けましたが、アジアラウンドは無事、通過。
やはりイチローの調子が今一つなのが気になります。
スポーツ > 野球 | comments (4) | trackbacks (0)

WBC、台湾に14-3でコールド勝ち

日本は14対3で台湾にコールド勝ち。

先発の松坂は今一つ。やはりこのような球数制限のある試合ではいわゆる先発投手は意味がないのかも。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

WBC開幕

いよいよ、ワールドベースボールクラシック(WBC)のアジアラウンド(予選)が始まりました。

日本は初戦、中国と対戦。18対2で圧勝しました(8回コールド)。
日本打線に火がついたのは、2対2に追いつかれた後の5回に西岡がスリーランホームランを打ってから。このホームランには驚きました。
中国の投手が左のサイドスローに替わってから日本打線が沈黙してしまい、嫌なムードになりましたが、西岡が右打席でホームラン。これで流れが変わりました。
続きを読む>>
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (1)

2006年度の年俸比較表

2006年度の日本人年俸比較表を作ってみました(元はサンスポ-契約更改)。
全部は大変なので、パシフィックはマリーンズ、ホークスの2強とイーグルス、セントラルはジャイアンツです。
全員ではなく、投手3人、捕手1人、内野手4人、外野手3人としています。
まだ契約更改が終わっていない選手もいます(例えばマリーンズの小林雅)。

マリーンズホークスイーグルスジャイアンツ
清水18,000斉藤25,000岩隈18,000上原34,000
渡辺14,000杉内15,000福盛5,800工藤29,000
薮田11,300和田14,500吉田5,500豊田23,000
里崎5,500的場1,800藤井3,300阿部14,000
福浦18,000川崎9,000山崎8,000小久保30,000
12,600鳥越5,000吉岡7,600仁志18,000
今江5,500本間3,200沖原3,700二岡16,000
西岡5,100松田1,500高須3,000小坂11,000
サブロー8,500大村17,000礒部13,000高橋32,000
大塚3,400柴原12,000関川3,900清水20,000
諸積2,700宮地7,000飯田3,550斉藤3,800
合計104,600111,00075,350230,800


こうして見ると、マリーンズとホークスはそんなに変わりがありません。もっともマリーンズはアップした結果がこれですから。
ゴールデンイーグルスは安いです。
そしてジャイアンツは高いです。清原が抜けてもこれですから。
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)

伊良部って大投手?

伊良部がヤンキースでもっとも活躍できなかった投手にリストアップされました。

伊良部はヤンキース補強失敗の象徴!?
ニューヨーク地元紙『ニューヨーク・タイムズ』は18日(現地時間)、「ヤンキースで活躍できなかった投手」と題して、期待外れに終わった先発投手をリストアップ。その中で、伊良部秀輝投手の名前をトップに挙げた。(スポーツナビ)


私の印象では伊良部というのはロッテを代表する投手。
ところが実際には次の通り。ロッテ時代の成績を今のエースと比較してみました。

氏名伊良部秀輝清水直行
年数96
勝利数5958


高卒と社会人の違いを差し引いても、伊良部はたいした成績ではない。
もっとも当時はチームが弱かったかもしれないが、最近だってたいして強くはない。
バレンタインが指揮を執って2位になった1995年でも11勝である。
どうしてヤンキースが伊良部に期待したのか、今となっては奇異な感じ。
ヤンキースでは3年間で29勝20敗。普通の新人ならばまずまずの成績だと思うが。

関連記事
stabucky blog | がんばれマリーンズ-過去を振り返る
スポーツ > 野球 | comments (0) | trackbacks (0)
1/8 >>

©1995-2006stabucky.com