巻が日本代表に

ドイツワールドカップのメンバーが発表されました。
何とジェフ千葉の巻が選出されました。がんばれば報われるのですねえ。

日本代表23人を年齢順に並べてみました。年齢は2006年4月1日現在。同級生かどうかも分かると思います。

位置氏名生年月日身長体重年齢
GK土肥 洋一1973/07/251848432
DF田中 誠1975/08/081787430
GK川口 能活1975/08/151797830
GK楢崎 正剛1976/04/151857629
MF福西 崇史1976/09/011817729
MF中田 英寿1977/01/221757229
DF宮本 恒靖1977/02/071767229
FW柳沢 敦1977/05/271777528
DF三都主 アレサンドロ1977/07/201786928
DF中澤 佑二1978/02/251877828
MF中村 俊輔1978/06/241787327
MF小笠原 満男1979/04/051737226
FW高原 直泰1979/06/041807726
DF中田 浩二1979/07/091827426
DF坪井 慶介1979/09/161796726
MF稲本 潤一1979/09/181817526
MF小野 伸二1979/09/271757426
DF加地 亮1980/01/131777326
MF遠藤 保仁1980/01/281787526
FW玉田 圭司1980/04/111736325
FW大黒 将志1980/05/041777425
FW巻 誠一郎1980/08/071848125
DF駒野 友一1981/07/251717324


平均年齢は27歳。
面白いのは27歳は中村だけなのに、その下の26歳は8人もいます。この年の優勝高校はどこなのでしょう?

次は背の高いトップ3。

1.中澤(187センチ)
2.楢崎(185センチ)
3.土肥(184センチ)
3.巻(184センチ)

巻を選ぶ意味がここにもあります。

一応、背の低い人たちも。

1.駒野(171センチ)
2.小笠原(173センチ)
3.玉田(173センチ)

まあ、公表された身長は当てになりませんから。
続きを読む>>
スポーツ > サッカー | comments (2) | trackbacks (0)

ジーコの日本語対策

先日、ドイツワールドカップではジーコの通訳がテクニカルエリアに入れないということを書きました。
そのとき、ジーコが日本語を覚えるか、選手がポルトガル語を覚えるか、ということを書いたのですが、その通りになるようです。

ジーコ監督 通訳なしでも大丈夫
ジーコ監督は当初、「私は指示を出すタイプではない」と、影響は少ないとみていたが、同ルール決定後、初めての合宿で日本語を使い始めた。もともと日本語会話は「まったく問題ない」(同通訳)レベルで、有効な指示を出すため、日本語を解禁した形だ。
また、この日の練習中には鈴木通訳と離れ「シュート、シュート」など、日本語に近い発音で指示を繰り返した。また、通訳なしのポルトガル語でゲキを飛ばし、選手にポルトガル語で理解するよう求める動きをみせた。(デイリースポーツ)


これで三都主がいなくても大丈夫なようです。って、本当に大丈夫?

「シュート」もポルトガル語では違う言葉だなんて知りませんでした。
でも「シュート」って指示か?
スポーツ > サッカー | comments (2) | trackbacks (0)

ジーコの通訳

ドイツワールドカップではジーコの通訳がテクニカルエリアに入れないことになりました。
ジーコが自分で選手に指示する必要があります。
つまり、あと3か月でジーコが日本語をマスターするか、選手がポルトガル語をマスターしなければならないことになります。
え、三都主がいるだろって? だからか。

Tエリアには1人と決定 W杯最終登録は5月15日
国際サッカー連盟(FIFA)のワールドカップ(W杯)組織委員会は16日、W杯ドイツ大会で監督らが試合中に指示を出せるテクニカルエリアに2人以上が同時に入ることを認めないと決めた。日本サッカー協会はジーコ監督と通訳が一緒に入れるよう求めていたが、受け入れられなかった。(共同通信)
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

日本対インド

今日は日本対インドの試合。アジアカップの予選だそうです。

昼間、「相手がインドなら5対0で勝たなくては」と言っていたのですが、結果は6対0で日本の勝ち。

しかし前半はインドが守り続け、小野がルーズボールを押し込んだ1点のみ(これはジーコ監督になってからちょうど100得点目)。
後半は巻(長谷部のシュートが胸に当たりゴール)、福西、久保、佐藤、そしてロスタイムにまた久保と一方的な展開に。

今回、久保が2得点ということでフォワードの切符を手にしたと思われます。ケガをしませんように。
あとやはり今日、頑張っていたのは巻。とにかく前線でよく動き回り、相手は油断できません。スタミナと執着心がすごいです。これには見えない効果があるように思えます。

今日は4バックでした。三都主と加地を上げっぱなしにして実質2バックだったのかもしれませんが。いろいろなフォーメーションを試しているようですが本番が迫ったこの時期にやるべきことでしょうか。



インドカレー屋のBGM
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

日本対フィンランド

サッカー、日本対フィンランドの試合は2対0で日本の勝ち。
ほとんど危ないシーンはありませんでした。

久保が久しぶりに得点。
そして小笠原のロングシュートが決まりました。これはなかなか爽快。
私は小笠原があまり好きではありませんが、得点は多いのです。見直しました。

今日は3-5-2でした。
フォワードは久保と巻。巻は得点はなかったですがよく動いていました。
ディフェンスは3バックでした。アメリカ戦の最初と同じ、と思いましたが、左のウイング(?)が三都主ではなく村井。三都主はボールを取られるばかりですが村井はボールを奪い取る。もう三都主は要らないような気がします。

その小笠原君のロングシュートの動画です。一応、iPodで見られる形式です。
ogasawara_long.m4v
スポーツ > サッカー | comments (6) | trackbacks (7)

エメルソン、年齢詐称?

以前、「エメルソンを帰化させて日本代表に入れよう」という話があったように思います。そのとき「いや、年齢詐称の疑いがあるからダメだ」という話もあったように思います。
確かに老けていましたので「面白い冗談だ」と思っていましたが。

元浦和のエメルソン、ブラジルで逮捕
昨年7月に浦和を電撃退団し現在、カタールリーグのアルサードでプレーするFWエメルソン(24)が、ブラジル・リオデジャネイロのトム・ジョビン国際空港で逮捕された。容疑は氏名、生年月日などが異なる2つの出生証明書を持っていたためで、禁固1〜5年の刑に処される可能性も出てきた。エメルソンは本名を「マルシオ・エメルソン・パッソフ」、生年月日を「1978年9月6日」としていた。だが母カルメン・ルシアさんが出した2回目の出生届によると名前は「マルシオ・バッソ・デ・アルバカーキ」で生年月日は「1981年9月6日」。つまり「2重登録」の状態だった。浦和でプレーした際、名前は最初に出した方を使い、生年月日は2回目に出した出生届のものだった。(日刊スポーツ)


そもそも出生届を2回も提出するものなのでしょうか。それも3年も違うものを。
しかも名前が違うってどういうことなのでしょうか。
別人なのではないでしょうか。

日本では浅田真央ちゃんが年齢制限でオリンピックに出られないと大騒ぎになりましたが、ブラジルだときっと「そんな些細なこと」で済まされてしまうような気がします。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (5)

高校サッカーは野洲が優勝

全国高校サッカー選手権大会は滋賀県代表の野洲高校が優勝しました。
決勝で鹿児島実業を延長の末、2対1で勝利。
滋賀県勢の優勝は初めてのことです。

野洲高校のエース、青木選手はジェフ千葉への入団が内定しているそうです。頑張ってください。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (5)

トヨタカップはサンパウロの優勝

今年(2005年)のトヨタカップはサンパウロFCがリバプールFCを1対0で下し優勝しました。
シュート数がリバプール21に対しサンパウロ4。
リバプールの決定的なシュートが立て続けにサンパウロゴールを襲うもののキーパー、セーニのセーブや、オフサイドなどでことごとく止められ、無得点。
逆にサンパウロは少ないチャンスを確実にものにし、あとを守りきりました。
実力では負けていても、こういう勝ち方があるのだという見本だと思いました。
スポーツ > サッカー | comments (0) | trackbacks (0)

トヨタカップ、過去の対戦成績

トヨタカップは今年(2005年)から、ヨーロッパ、南米に加えて、アジア、アフリカ、北中米、オセアニアの各代表がトーナメント戦を行うという形になりました。
昨年まではヨーロッパと南米のそれぞれのチャンピオンが一発勝負で世界一を決めるという形式でしたが、今年からは6大陸の代表が戦うわけです。
今日までに準決勝が行われ、結局、ヨーロッパチャンピオンのリバプールと南米チャンピオンのサンパウロが決勝戦で戦うという昨年までと同じ形になりました。

さて、過去のトヨタカップのヨーロッパと南米の対戦成績です。

大会開催日欧州チームスコアチーム南米
第1回1981/02/11×ノッティンガム・フォレスト0対1ナシオナル・モンテビデオ
第2回1981/12/13×リバプール0対3フラメンゴ
第3回1982/12/12×アストン・ビラ0対2ベニャロール
第4回1983/12/11×ハンブルガーSV1対2(延長)グレミオ
第5回1984/12/09×リパプール0対1インディペンディエンテ
第6回1985/12/08ユベントス2対2(PK 4-2)アルヘンチノス・ジュニアーズ×
第7回1986/12/14×ステアウア・プカレスト0対1リバープレート
第8回1987/12/13FCポルト2対1(延長)ベニャロール×
第9回1988/12/11×PSVアイントホーフェン2対2(PK6-7)ナシオナル・モンテビデオ
第10回1989/12/17ACミラン1対0(延長)ナシオナル・メデリン×
第11回1990/12/09ACミラン3対0オリンピア×
第12回1991/12/08レッドスター・ベオグラード3対0コロコロ×
第13回1992/12/13×バルセロナ1対2サンパウロ
第14回1993/12/12×ACミラン2対3サンパウロ
第15回1994/12/01×ACミラン0対2ベレス・サルスフィエルド
第16回1995/11/28アヤックス0対0(PK4-3)グレミオ×
第17回1996/11/26ユベントス1対0リバープレート×
第18回1997/12/02ボルシア・ドルトムント2対0クルゼイロ×
第19回1998/12/01レアル・マドリード2対1バスコ・ダ・ガマ×
第20回1999/11/30マンチェスター・ユナイテッド1対0パルメイラス×
第21回2000/11/28×レアル・マドリード1対2ボカ・ジュニアーズ
第22回2001/11/26バイエルン・ミュンヘン1対0(延長)ボカ・ジュニアーズ×
第23回2002/12/03レアル・マドリード2対0オリンピア×
第24回2003/12/14×ACミラン1対1(PK1-3)ボカ・ジュニアーズ
第25回2004/12/12FCポルト0対0(PK8-7)オンセ・カルダス×


ヨーロッパの13勝、南米の12勝ということでほぼ互角です。
リバプール、サンパウロ、それぞれの準決勝を見ましたが、やはりリバプールが勝つと思います。
スポーツ > サッカー | comments (2) | trackbacks (0)

2006年ドイツワールドカップの出場国とFIFAランキング

FIFAランキングに2006年ドイツワールドカップの出場国をマッチングしてみました。FIFAランキングは2005年10月時点です。

順位W杯
1ブラジル
2オランダ
3チェコ
4アルゼンチン
5フランス
6メキシコ
7アメリカ
8スペイン
9イングランド
9ポルトガル
11トルコ×
12イタリア
13スウェーデン
14デンマーク×
15ドイツ
16日本
17ウルグアイ×
18ギリシャ×
19クロアチア
20コスタリカ
21イラン
21アイルランド×
23ポーランド
23カメルーン×
23コロンビア×
23ナイジェリア×
27チュニジア
28ルーマニア×
29韓国
30ロシア×
31サウジアラビア
32エジプト×
33パラグアイ
34セネガル×
35モロッコ×
36エクアドル
37ノルウェー×
38スイス
39ウクライナ
40ジャマイカ×
40ホンジュラス×
42セルビア・モンテネグロ
43イスラエル×
44フィンランド×
45スロバキア×
46南アフリカ×
46ブルガリア×
48コートジボワール
49トーゴ
49ベルギー×
51ガーナ
52ジンバブエ×
53トリニダード・トバゴ
54オーストラリア
55バーレーン×
56グアテマラ×
57ウズベキスタン×
58マリ×
58ザンビア×
60アンゴラ


この表はProject-Q日記 : 2006年サッカーW杯出場国決定!!の真似です。
ランキングが上位で出場しない国はどこなのか、知りたかったので、あえて60位まですべて表示してみました。

ランキング上位でワールドカップ出場を逃したのはトルコですね。
スイスとのプレーオフでは、ホームでの2失点が致命的でした。
スイスはホームで2-0、アウェイで2-4。
トータルでは同点ですが、アウェイでの得点は2倍にするそうなのでスイスの勝ち、というわけです。
トルコでの試合では試合後に乱闘が起きて、FIFAは「トルコの2010年ワールドカップ出場停止」も考えているそうです。
スポーツ > サッカー | comments (2) | trackbacks (0)
1/4 >>

©1995-2006stabucky.com