テニスの優勝回数一覧

ナブラチロワが全豪オープンに出場するらしい。
テニスの4大大会の一つ、全仏オープンの主催者は13日、マルチナ・ナブラチロワ(米国=47)が主催者推薦枠でシングルス戦に出場すると発表した。
同選手が4大大会のシングルス戦に出場するのは、1994年のウィンブルドン選手権以来10年ぶり。
史上最多記録となる167回のシングルス優勝歴を誇るナブラチロワは今年4月、約10年ぶりにシングルス復帰を果たしたばかり。全仏オープンでは、1982年と84年の2度優勝している。(ロイター)

そこで調べてみるとテニスの四大大会での優勝回数が多い割に、確かに全仏では2回しか優勝していないことが分かった。

選手名優勝回数
シュテフィ・グラフ675422
クリス・エバート736218
マルティナ・ナブラチロワ294318
モニカ・セレシュ30249
イヴォンヌ・グーラゴング12047
ビリー・ジーン・キング13307
マーガレット・スミス・コート21227
セリーナ・ウィリアムズ12216
マルティナ・ヒンギス01135
アランチャ・サンチェス・ヴィカリオ30104
ヴィーナス・ウィリアムズ02204
ハナ・マンドリコワ10124
ジェニファー・カプリアティ10023
ジュスティーヌ・エナン=アーデン10113
リンゼイ・ダヴェンポート01113
ヴァージニア・ウェイド01012
トレイシー・オースティン00202
マリー・ピエルス10012
イワ・マヨーリ10001
ヴァージニア・ルジッチ10001
ガブリエラ・サバティーニ00101
クリス・オニール00011
ケリー・メルヴィル・リード00011
コンチータ・マルティネス01001
スー・バーカー10001
バーバラ・ジョーダン00011
ミマ・ヤウソベッチ10001
ヤナ・ノヴォトナ01001

1970年度以降に絞って集計している。
それより前だと知らない選手ばかりだからだ。
私が知っているのでもっとも古い選手がクリス・エバートで彼女は1970年から活躍しているため集計は1970年代からにしたわけだ。
グーラゴングなどは本当はもっと優勝回数が多い。

さて、こうやってみてみると、グラフ、エバート、ナブラチロワがいかに強かったかが分かる。
グラフはどの大会もまんべんなく勝ち、エバートは全仏に強く、ナブラチロワは逆に全仏に弱い。

ついでに1970年以降の優勝者の一覧を示す。

年度全仏全英全米全豪
1970マーガレット・スミス・コートマーガレット・スミス・コートマーガレット・スミス・コートマーガレット・スミス・コート
1971イヴォンヌ・グーラゴングイヴォンヌ・グーラゴングビリー・ジーン・キングヴァージニア・ウェイド
1972ビリー・ジーン・キングビリー・ジーン・キングビリー・ジーン・キングマーガレット・スミス・コート
1973マーガレット・スミス・コートビリー・ジーン・キングマーガレット・スミス・コートイヴォンヌ・グーラゴング
1974クリス・エバートクリス・エバートビリー・ジーン・キングイヴォンヌ・グーラゴング
1975クリス・エバートビリー・ジーン・キングクリス・エバートイヴォンヌ・グーラゴング・コーリー
1976スー・バーカークリス・エバートクリス・エバートケリー・メルヴィル・リード
1977ミマ・ヤウソベッチヴァージニア・ウェイドクリス・エバートイヴォンヌ・グーラゴング・コーリー
1978ヴァージニア・ルジッチマルティナ・ナブラチロワクリス・エバートクリス・オニール
1979クリス・エバート・ロイドマルティナ・ナブラチロワトレイシー・オースティンバーバラ・ジョーダン
1980クリス・エバート・ロイドイボンヌ・グーラゴング・コーリークリス・エバート・ロイドハナ・マンドリコワ
1981ハナ・マンドリコワクリス・エバート・ロイドトレイシー・オースティンマルティナ・ナブラチロワ
1982マルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワクリス・エバート・ロイドクリス・エバート・ロイド
1983クリス・エバート・ロイドマルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワ
1984マルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワクリス・エバート・ロイド
1985クリス・エバート・ロイドマルティナ・ナブラチロワハナ・マンドリコワマルティナ・ナブラチロワ
1986クリス・エバート・ロイドマルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワハナ・マンドリコワ
1987シュテフィ・グラフマルティナ・ナブラチロワマルティナ・ナブラチロワシュテフィ・グラフ
1988シュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフ
1989アランチャ・サンチェス・ヴィカリオシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフ
1990モニカ・セレシュマルティナ・ナブラチロワガブリエラ・サバティーニモニカ・セレシュ
1991モニカ・セレシュシュテフィ・グラフモニカ・セレシュモニカ・セレシュ
1992モニカ・セレシュシュテフィ・グラフモニカ・セレシュモニカ・セレシュ
1993シュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフ
1994アランチャ・サンチェス・ヴィカリオコンチータ・マルティネスアランチャ・サンチェス・ヴィカリオマリー・ピエルス
1995シュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフモニカ・セレシュ
1996シュテフィ・グラフシュテフィ・グラフシュテフィ・グラフマルティナ・ヒンギス
1997イワ・マヨーリマルティナ・ヒンギスマルティナ・ヒンギスマルティナ・ヒンギス
1998アランチャ・サンチェス・ヴィカリオヤナ・ノヴォトナリンゼイ・ダヴェンポートマルティナ・ヒンギス
1999シュテフィ・グラフリンゼイ・ダヴェンポートセリーナ・ウィリアムズリンゼイ・ダヴェンポート
2000マリー・ピエルスヴィーナス・ウィリアムズヴィーナス・ウィリアムズジェニファー・カプリアティ
2001ジェニファー・カプリアティヴィーナス・ウィリアムズヴィーナス・ウィリアムズジェニファー・カプリアティ
2002セリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ
2003ジュスティーヌ・エナン=アーデンセリーナ・ウィリアムズジュスティーヌ・エナン=アーデンジュスティーヌ・エナン=アーデン


なお、全仏は6月上旬、全英は7月上旬、全米は9月上旬、全豪は翌年の1月下旬にそれぞれ決勝戦が行われるのが通例である。
今、ナブラチロワ復活のニュースが流れるのは、新シーズンは全仏オープンから始まるからである。

なお、全豪については、若干、補足が必要である。
1977年は1月と12月に開催された。
おそらく翌年の1月にやるべきところを前年に前倒しにしたのだと思われる。
そして、1986年は開催していない。
というわけで「年」ではなく「年度」で表した。
こんなの日本人にしか通じないだろうが。

さて、3強の共通点を発見した。


選手初優勝最後の優勝
グラフ19871999
エバート19741986
ナブラチロワ19781990


3人とも活躍期間は足かけ13年なのである。
とんでもない人たちである。
もしナブラチロワが今年優勝してしまうと、足かけ27年の優勝ということになる。
化け物だ。
スポーツ > テニス | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com