システム障害で販売休止 サッポロの限定ヱビス

システム障害で販売休止 サッポロの限定ヱビス (共同通信)

私もこれを注文するつもりでいたが忘れていたので抽選になったのはありがたいこと。是非応募したい。
ニュース > 食物 | comments (0) | trackbacks (0)

輸入肉納入、ハンナン側が社長逮捕の熊本の業者に要請

輸入肉納入、ハンナン側が社長逮捕の熊本の業者に要請 (朝日新聞)

鳥インフルエンザで問題になった会社の社長は「浅田」であったが、こっちのトップも「浅田」である。肉の犯罪によく出てくる名前だと思っていいようだ。
ニュース > 食物 | comments (0) | trackbacks (0)

吉野家の新メニュー

アメリカの狂牛病騒ぎのおかげで、吉野家は牛丼を出せなくなるピンチを迎える。
牛丼チェーン最大手の吉野家ディー・アンド・シーは8日、今月から本格販売する牛肉を使わない新メニューを報道陣に公開した。米国での牛海綿状脳症(BSE)の発生に伴う米国産牛肉の輸入禁止が続いているため、従来の「牛丼単品」戦略を転換した。約1カ月分の在庫が切れた場合、牛丼メニューは中止する方針だ。
6日から一部販売が始まったカレー丼のほか、いくら鮭(さけ)丼、焼鶏丼、豚キムチ丼、マーボー丼の5種類。カレー丼は全店舗、その他は一部店舗で順次投入。2月末までには1店で必ず3種類の新メニューをそろえる計画だ。
価格はカレー丼とマーボー丼が400円、その他は450円で、主力の牛丼(並・280円)に比べると割高だ。

他の牛丼チェーン店が牛丼以外のメニューも出すのに対し、吉野家は牛丼一筋であった。
私はこれが気に入っていたのだが、とうとう牛丼以外のメニューを出さざるを得なくなる。

カレー丼などを出すが割高と言うが今までの牛丼が安すぎたのである。
アメリカの牛肉に頼らず、高くなってもいいから他の国の肉を使い、牛丼一筋を貫いてほしかった。

とは言え、実は焼き鳥丼などはすでにメニューになっていたこともあり、私は食べたことがあるが、結構、美味しかった。
ニュース > 食物 | comments (0) | trackbacks (0)

おにぎり-その後

例の指入りおにぎりのお詫び広告の翌日からは毎日、別の大量のお詫び広告が出されている。
何でも、日本では許されていない食品添加物だか何だかを作って使っていたことがばれた会社があるらしい。
その材料というか原料というか、何でもいいが、ありとあらゆるメーカーがその怪しいものを使っていたということで、お詫び広告を出させられているわけである。


あれから考えてみたのだが(もう新聞や雑誌の記事を見るのは面倒なので勝手に推測するのだが)、あれがビビンバのような混ぜ御飯系の食べ物でなければすぐに見つかったのではないだろうかと思う。
つまり、かなりの出血があったはずで、真っ白い御飯がお赤飯になっていたら気付くわけで、それが気付かなかったのは、混ぜ御飯が原因である。
ニュース > 食物 | comments (0) | trackbacks (0)

ローソンのおにぎりに指が混入

とうとうとんでもない事件が起きた。

色々な食べ物に異物が混入しているが、とうとう人間の指が混入してしまった。
あまりに怖いので新聞をよく読んでいないのだが、人間の人差し指、横1センチ半、縦1センチが切断され、ローソンのおにぎりの中に混入、そのまま売られてしまった。
それを手に入れて、食べた人が違和感を感じ、人間の指であることに気付いたというわけだ。

おにぎり工場では、人間の指が材料に混ざったことを知りながら、そのまま、ラインを止めなかったらしい。
「うわあ、指が混ざっちゃったよお。ま、ばれなければいいか」というわけだ。

指を落としたほうも、何で訴え出なかったのだろうか。
大金を積まれたのか。
だったら、その金でラインを止めろ。

もう、市販のおにぎりは食べられない。
しかし、昨日は回転寿司でたらふく食べた。

さて、今日の読売新聞にこんな記事が。
日本フレッシュデリカのお詫び広告だ。

お詫びとお知らせ
弊社が製造を行い、宮城・山形地区および福島地区の一部にて販売しておりました「直巻おにぎり石焼風ビビンバ」におきまして、平成十四年五月三十一日製造いたしました商品の中に、異物が混入する事故が発生いたしました。(後略)


この隣りにローソンのお詫び広告も。
さすがに「切断された指の先端が混入する事故」とは書かれていない。

インターネットで、この会社「日本フレッシュデリカ株式会社」を検索してみたがヒットしなかった。
代わりにヒットしたのが、三島学園女子高等学校。卒業生の就職先の一つが日本フレッシュデリカだって。

「事故発生の時点で肉片が混入したと思われる製品を排除したつもりだったが、誤って出荷してしまった」(河北新報社)


十個ほどは捨てたらしいが、結局、中田のキラーパス(死語)のごとく、出荷されてしまった。
この会社は営業停止を食らったが、一日だけ。
ま、ローソンからは取引が中止されるから、永久営業停止だろうけど。

最後に気になった点を三つ。
大当たりの(指を食べ損なった)運の悪い人は、女性だったという。ビビンバを食べようとしていたとは食いしん坊だな。
切断された指のサイズを「横1センチ、縦1.5センチ」と報道しているところもある。いくらなんでも、人差し指が横1センチは細すぎやしないか。指って意外と太いもんだ。
この事件を、食品の安全性が云々という括りで報道しているところもあるが、今回のケースは従業員の安全性には問題があっても、食品の安全性には問題はないぞ。ソーセージとかハンバーグとかだったら、切断された指が混ざっていることはよくあることだ。食べたって、なんてことはない。それが人の指か、豚の指か、って違いだけだ。
ニュース > 食物 | comments (2) | trackbacks (0)

狂牛病

ある時、飛行機が墜落した。唯一生き残った男が気が付くと、そこはインディアンの集落であり、ちょうど彼はインディアン達に取り囲まれていた。
「このままでは殺されてしまう」と思った彼は神に祈った。
すると神が現れて、こう言った。
「大丈夫だ。おまえは殺されない」
縋るような思いで男は神にたずねた。
「では、どうすればよいのですか」
神は答えた。
「近くにいるインディアンから槍を奪い取り、酋長に向かって投げつけるのだ」
男は神に言われたとおり、すぐ横にいた男から槍を奪い取り、正面にいる酋長らしき男に向かって投げつけた。
槍は酋長に命中した。
そして男は叫んだ。
「これでよいのですか」
神が答えた。
「そうだ、これでおまえは殺されるのだ」


「人間は狂牛病にはならない。ヤコブ病になるのだ」というフレーズから思い出した小話だが、書いてみるとあまり関連性はなかった。


千葉県で発生した狂牛病。大騒ぎしている割に、実際には1頭しか発見されていない。騒ぎ過ぎである。私は気にせず、牛肉を食べている。
そんなところへ「すわ、2頭目か?」とのニュース。これが再検査の結果、問題なしとなった。これらも騒ぎ過ぎが原因である。
イギリス政府が狂牛病は人間にうつり、ヤコブ病の原因となると発表したのが、そもそもの始まり。
ヤコブ病は正式には「クロイツフェルト・ヤコブ病」というらしい。これを発見した二人の名前をくっつけた病名である。あまりに長いので、短く「ヤコブ病」といっている。クロイツフェルト氏は、苗字の長い祖先を恨め。川崎氏は苗字が川崎市と同じだった祖先を恨め。


焼肉屋には、今、閑古鳥が鳴いているという。それで、焼き鳥屋に変えた焼肉屋もあるらしい。ポリシーはないのか。
ニュース > 食物 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com