「コンタクト」

ジョディ・フォスター主演のSF「コンタクト」を見に行きました。
宇宙から送られてきたメッセージには瞬間移動装置の設計図が入っていて、これをその通り再現してジョディが宇宙に行く、というストーリー。(「スピーシーズ」はこれのパクリ?)
CGは期待通り素晴らしかった。クリントン大統領の映像を勝手に使ったとかで怒られたらしいですが、まあ、このシーンはゼメキスがふざけただけでしょう。
ストーリーにはまったく関係ないです。
瞬間移動装置の映像もCGなんでしょうけど、結構、リアルで迫力がありました。

映像の面で語られることが多いであろう、この映画。でも、実は、神の存在とか、科学の行方とか、扱っている題材はかなり難しいです。私は神(の存在)を信じていませんでしたが、ちょっと考えさせられました。
原作を読んでみるつもりです。

パーティのシーンをみて、ジョディはまだ美しいな、と(かなり、贔屓目かも…)。
しかし…。彼女が自ら演りたいと言ったらしいですけど、彼女でなくてもこの映画は成り立ったような気がします。
映画 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com