イベント-日本フラワー&ガーデンショウ

今、「ガーデニング」がブームだそうです。この言葉は、日本語の辞書にはまだ、載っていません。英語の辞書には「園芸」と載っています。単に、花を育てるだけではなく、庭いじりがブームだというのでしょうか。
さて、この状況を調べるため、幕張メッセ(日本コンベンションセンター)の5・6番ホールで開かれた「日本フラワー&ガーデンショウ」に行って来ました。

  • 主催 社団法人日本家庭園芸普及協会
  • 後援 農林水産省、建設省、都市基盤整備公団、住宅金融公庫、日本貿易振興会、NHK出版、ニッポン放送、日本経済新聞社
  • 併催 第25回フラワー資材総合見本市

メッセの駐車場に車を停め、会場に向かう通路を歩いていると、やはりダフ屋がいました。おそらく、タダ券がばらまかれているところを、定価より安く、売ろうとしているのでしょう。得でしょうが、やめました。
さて、入り口に着いて、入場券を買います。700円(中学生以下は無料)でした。開催は3月の24日から26日までの3日間なのですが、この入場券の半券を持っていれば、この期間中、再入場が可能だというのです。さっきのダフ屋は、会場から出てきた客から半券を集めて、これを売るわけです。小学生でもできますね。せこすぎますね。
会場は、1ブロックだけでした。パソコンのショーなどでは3ブロック(6ホール分)くらいで開催しているようなので、規模としては、比較的小さいです。それでも、実際に歩き回ったら、かなりの広さでした。人もたくさんいました。客層は、年齢の高い人が多いです。それも特におばさん。若い人もいましたが、少数派です。
出展は、サカタやタキイなど苗のメーカーや、肥料・消毒などのメーカーなどが中心で、それぞれ、新製品(花だから新種)を展示したり、即売したりしています。キリンビールも出展していました。ビールの原料を作るためのバイオ技術が花作りにも生かされているようです。
体験コーナーもいくつかありました。面白いのが一つあったので、ずっと見ていたのですが、おばさんは人の話を聞かないですね。どうやら300円払うと、鉢、土、肥料、苗をもらうことができて、それの植え方の指導が受けられるというもの。10人くらいのおばさんが並んで、講師の言うとおりに苗を植えるのですが、おばさんは説明がある前に勝手に土を入れて、苗を植え終わっちゃっている。肥料なんてスコップ、1杯分くらい入れている。本当は、スプーン1杯半でいいのに。家電メーカーなどはクレーム対応が大変だと言いますが、おばさんたちのこの様子を見ていると、同情します。説明書なんて読まないんだろうなあ。講師の人も、誰も話を聞かないものだから、終いには、熱心に聞いている私の方を見て、説明をする始末。
さて、アイデア商品もいくつかあって、楽しみながら、3時間くらいかけて、会場をすべて回りました。
ガーデニングとは言いながら、実際に広い庭を持った家に住んでいる人は少ないらしく、壁に掛けられる「土」だとか、ベランダが汚れない「土」だとか、そういうものがたくさんありました。あとは、普通の鉢植えや苗など。でもこれは町中のDIYショップの方が安いかもしれません。このことは、係員の人も小さな声で言っていました。
なぜかペルシャ絨毯が売られていました。百万単位の絨毯が展示されていて、驚いたのですが、十万単位の絨毯も結構、売れていて、「○○様売約済」の札がいくつもぶら下がっていました。たぶん「サクラ」でしょう。数万単位の絨毯(玄関マット)を買って帰りました。
取材:2000年3月25日
レポート | comments (0) | trackbacks (0)

上海市場

ラーメン屋である。外観は白を基調とした、清潔感のある建物で、店の中もきれいである。店に入ってすぐ右にレジがある。縦長の店の右側が厨房。これをL字型に囲むようにカウンター席がある。座敷席はない。
1日100食限定の手もみ麺がある、という貼り紙があるので、店員にどんなものなのか尋ねると、口の中でゴニョゴニョ言っていて要領を得ない。普通のより太い麺であるらしいがはっきりしない。どうやら、店員は皆、中国の人らしく、日本語が得意ではないようだ。よく分からないときは、定番を頼むに限る。上海ラーメンを頼んだ。

○総評○
スープは透明なしょうゆ味である。最近はこってり味の店が多いが、それとは対極にあるような味だ。ただし、特徴を出しにくい味であることも確かだ。この店のスープはあっさり味である、としか言えない。
中国の人の作るラーメンは、麺が柔らかいという印象があるが、この店の麺は、細くて固めであった。
トッピングで、煮玉子を頼んだが、普通のゆで卵であった。チャーシューは柔らかいが、割りばしの味がした。

○場所○
京成幕張駅前の商店街を国道14号方面に向かう。14号を突っ切ってまっすぐ行くと右側にある。肉のハナマサの並び。辰巳らーめんの並び。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年3月19日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

永楽亭

長崎チャンポンの店と書いてあるが、普通のラーメンや中華の単品料理もある。
店に入ると、右側が厨房。その対面がカウンター席となっていて、左側に座敷席が2卓。奥にレジがある。
夜中だというのに、客がよく来る。
メニューを見ると、品ごとに麺の太さ、味の種類(醤油、塩など)がはっきり書いてあって、分かりやすい。

○総評○
この店のメインメニューである、チャンポンが美味い。太い麺と白湯(パイタン)スープ、上に載った具の多さ。かなり満足した。
パーコー麺は、太麺・しょうゆ味。こってりとしていて、これも美味い。店によっては、具がでかいだけで、食べにくいパーコー麺もあるが、この店の豚の唐揚げは手頃なサイズで食べやすい。スープがころもに染みて、また美味い。
メニューが豊富だが、どれも美味い。この店は、どうやら、種類の違うラーメンは別々に作るのか、できた順にテーブルに並べられる。4人で行くと、最初に食べ始めた者が食べ終わる頃に、4人目の品が出てくることもある。

○場所○
ここも国道16号になるのだろうか。モノレールが上を走っているが、その天台駅と作草部駅の間。夕焼けラーメンの隣。

○データ○
●営業時間
(不明、午前3時までやっているらしい。)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年3月19日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)

ラーメン味仙人

さて、私たち3人は、今日もラーメン屋を探してクルマを走らせる。国道16号を房総半島の方に下っていくと、右側にラーメン屋が現れた。Uターンをして、店の脇にある駐車場に車を停める。
店に入ると、右の奥に厨房、その周りにカウンター席がある。入り口の右側にはテーブル席が二つあり、片方のテーブルには醤油のビンが、もう一つのテーブルには帳簿が広げられていた。今日の売り上げか、今週の売り上げを整理しようというところか。私たちは、左側にある座敷席に座った。
「とん太」「千成」というラーメンチェーンと共同でキャンペーンをやっていた(内容は「旅行にご招待」だったと思う)。どんな関係なのだろう。
メニューを見ると、店の名前にちなんでいるのだろうが、変なセンスの名前が並ぶ。3人とも違うラーメンを頼んだ。
  • 醤油仙人550円
  • 味噌ネギ仙人700円
  • 塩バター仙人550円

連れには、いつも、初めての店ではオーソドックスなものを食べよう、と言っているのに、変わったものを食べてしまう。私は当然、醤油ラーメンだ。

○総評○
こってりでない、普通のスープである。麺はかため。私は好きな味だが、あえて、また食べに来よう、という店ではない。

○場所○
国道14号を下っていくと、途中から国道16号になり、さらに行くと、国道16号の本線とぶつかる。その辺りの海側。

○データ○
●営業時間
(不明)
●住所
(不明)
●TEL
(不明)

取材 2000年3月4日
グルメ > 千葉県 | comments (0) | trackbacks (0)
1/1

©1995-2006stabucky.com